NEW
住宅ジャーナリスト・山下和之の目

“テレワーク対応型”住宅、続々登場…家族が長時間在宅してもストレスを感じない家

文=山下和之/住宅ジャーナリスト

 新型コロナウイルス感染症はいったん抑え込めたかのように見えても、第二波、第三波を警戒しながら、「新たな生活様式」を確立して備える必要があります。そのため、住まいにも、テレワークしやすい住まい、また在宅時間の長期化でも居心地のいい住まい、感染しにくく、感染の疑いが出ても安全に生活できる住まいなど、さまざまなニーズが求められるようになってきます。

 住宅メーカーや不動産会社ではそうしたニーズに対応した商品開発に力を入れており、消費者にとっても選択肢が増えています。そんな具体的な例をいくつか紹介しましょう。

暮らしながら働ける空間を用意――三菱地所レジデンシャル

 新型コロナウイルス感染症の影響拡大で、テレワークが定着しつつありますが、残念ながら、日本の住まいのほとんどは家のなかで働くことを想定していません。そのため、仕事に集中できないなどのさまざまな問題が浮かび上がっています。

 それを解決するため、三菱地所レジデンスでは、収納スペースをテレワークスペースに無償で変更可能な、「“work” in closet」を提案しています。今年10月から販売がスタートする『ザ・パークハウス武蔵野境南町』(東京都武蔵野市)が対象です。間取り図でWICといえば、ウォークインクローゼットですが、この場合には頭文字は同じWICでも、クローゼットではなく、ワークスペースということです。

 また、『ザ・パークハウス武蔵野境南町』のモデルルームでは、共働き夫婦を想定して、収納スペースを「妻ラボ」に、洋室のひとつを「夫ラボ」に変更、夫婦ともにテレワークできるようなプランを提示しています。ただし、こちらは有料でのオプションになります。

住まいのなかに働く空間をつくりだす『箱の間』――三菱地所ホーム

 注文住宅やリフォームを手がける三菱地所ホームは、移動が容易で、仕切る、囲うなど暮らしに合わせた柔軟な空間づくりが可能な『箱の間』を販売しています。自宅の空間を『箱の間』で仕切って、暮らしながら働く空間をつくることができます。

 肌触りがよく、温度変化の少ない杉材を採用し、触ったときにもぬくもりを感じる木質空間の心地よさを演出してくれます。リビングやサービスルームなどに簡単に設置でき、在宅勤務時のワークプレイスとするだけではなく、子どもの勉強場所や、秘密基地のような存在にもなります。注文住宅建設時に設置するだけではなく、マンションや一戸建てのリフォーム時に導入も可能です。価格は可動式のテーブル付きが67万円、テーブルなしが62万円となっています。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合