「志願したい大学」明治が早稲田を抜いて4年ぶり1位の理由…青山学院、立教は不動の人気の画像1
明治大学駿河台キャンパスのリバティタワー(「Wikipedia」より)

 リクルート進学総研(リクルートマーケティングパートナーズ運営)が「進学ブランド力調査2020」を7月16日に発表した。同調査は、高校生の大学選びの動向を明らかにするため、年に1回、高校3年生を対象に行われている。大学の志願度や知名度のほか、大学に対する50項目にわたるイメージを調べるものだ。

「志願したい大学」を見ると、関東エリアは明治大学が4年ぶりに1位、東海エリアは名城大学が4年連続1位、関西エリアは関西大学が13年連続1位となった。関東の2位以下は、早稲田大学、青山学院大学、立教大学、日本大学という顔ぶれだ。

 オンライン記者発表会では、リクルート進学総研の小林浩所長が同調査の結果について解説した。

受験生の「超安全志向」

 今回の結果には、2016年からの定員厳格化と21年度に導入される大学入学共通テストへの不安が色濃く表れ、受験生の「超安全志向」が反映された。

 共通テストで英語4技能と記述式が見送りとなり、受験生や教育現場は混乱している。共通テストに対する不安の増大が、国公立大学志向の減少にも影響していると考えられる。

 また、コロナ禍の第2波、第3波への懸念から、共通テストの実施自体への不安もある。そのため、昨年に続き、大学入試の「玉突き現象」が起きている。受験生が志望校、すべり止め、すべり止めのすべり止めにもフォーカスするため、意外な中堅大学に関心が高まっているのだ。

「志願したい大学」(関東)については長年、早大と明大が1位の座を争ってきた。09~16年は明大が、17~19年は早大が1位となっていたが、20年は明大が1位に返り咲いた。また、3位の青山学院大と4位の立教大は19年と変わっていない。しかし、定員厳格化以降、上位3大学のポイントが下がり、4位以降との差が徐々に詰まっているという。

 小林所長は、こうした傾向について「上位3大学とも難易度が高まっているため、敬遠する傾向も見て取れる。明大より早大のほうが難易度が高いため、より志願度が下がり、相対的に明大がトップに立った」と分析している。

 18年にアメリカンフットボール部の悪質タックルが問題になった日大は19年に6位に順位を下げたが、20年は5位に回復した。

「規模が大きく、有名で、伝統、活気があって親しみやすく、クラブ活動も盛んで、『入試方法が自分に合っている』という項目では順位が高い一方、『校風や雰囲気が良い』では上位に入っていない。志願度は上昇したものの、全体的なイメージが回復したかといえば、そこまでではない」(小林所長)

 関東では、東海大学が19年の29位から18位に順位を上げている。

「東海大は22年度に全学的な学部の改組改編およびキャンパス再編計画を実行するなど、改革に着手することを発表しており、20年春からさまざまな広報戦略で伝えている」(同)

名城大が屈指の人気校になった理由

 東海では、4年連続1位の名城大が頭ひとつ抜けており、2位の名古屋大学、3位の中京大学に差をつけている。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ