激安バジェット・レンタカーでスズキハスラーに乗れた!オシャレで20キロ超の好燃費の画像1
バジェット・レンタカーで軽乗用車を車種指定なしで予約したところ、貸し出されたのは先代(初代)のスズキ・ハスラー。ポップなデザインで、特に女性に人気の車種だ。(写真はすべて筆者撮影)

 レンタカーは車を借りる店舗と返す店舗は同一というのが基本だ。別の店舗に返却する場合は、乗り捨て料金が別途かかることが一般的で、長距離の場合は基本料金より高くなってしまう場合が少なくない。

 大手レンタカー会社では、トヨタレンタカーバジェット・レンタカーは基本的に同一都道府県内の店舗であれば無料(北海道など例外あり)、日産レンタカータイムズカーレンタルオリックスレンタカーは20km未満であれば無料(同)だ。ニッポンレンタカーは、以前は同一都道府県は基本的に無料だったが、この8月4日より、20km未満が無料というシステムになった。

 ユーザーにとっては、どちらかといえば20km以内(未満)無料より、同一都道府県内無料のほうがありがたい。距離制限は、羽田空港から神奈川県川崎市、大阪国際(伊丹)空港から兵庫県尼崎市など都道府県境では有効ではあるものの、都道府県内という制限のほうが圧倒的に活用しやすいからだ。

 レンタカー業者側からすれば、乗り捨てされた車は出発した店舗に回送しなければならない。人件費がかかるだけでなく、回送中は貸し出しできないため、利益の逸失も発生する。そのため乗り捨て料金が発生するのは理解できるのだが、利用者としては、やはり「もったいない」という感覚が生じてしまう。

 たとえば飛行機である目的地へ向かい、空港からレンタカーを借りて観光地を巡り、そこからさらに鉄道で別の目的地へと向かいたい……などというとき、空港で借りて駅の近くで返却できれば、とても便利だ。しかし、空港の多くはターミナル駅から20km以上離れた位置にある。こういうケースでは、都道府県内の乗り捨てが無料というレンタカー会社を利用するのが賢いということになる。

 先日、東京から飛行機で大分空港へ向かい、数カ所で取材をこなして、JR大分駅から福岡市へ電車で向かうという、まさに上記に当てはまる仕事があったため、実際にレンタカーを借りてみた。その際に料金をいろいろとシミュレーションしてみたところ、バジェット・レンタカーの軽乗用車が「4950円」と最安だったため、予約してみた。

 普段は街なかでレンタカーを利用する方にはあまり馴染みがないかもしれないが、バジェット・レンタカーは全国の空港に多くの店舗を構えるレンタカー会社。今回は、このバジェット・レンタカーの実情をレポートしてみたい。

激安バジェット・レンタカーでスズキハスラーに乗れた!オシャレで20キロ超の好燃費の画像2
やや車高(最低地上高)が高めだが、ジムニーなどの本格的なクロスカントリー車ほど走破性は高くない。オンロードとオフロードの両方に対応するクロスオーバー車だ。
激安バジェット・レンタカーでスズキハスラーに乗れた!オシャレで20キロ超の好燃費の画像3
「鉄チン」と呼ばれるスチールホイールが純正仕様だが、ボディカラーに合わせて塗装されており、無骨さとポップさを兼ね備えたデザインアクセントになっている。

おまかせプランで出てきたのは、先代のスズキ・ハスラー!

 バジェット・レンタカーも、借り方は一般的。空港のカウンターで予約名を伝え、迎えにきた車に乗って営業所へ向かう。車種はお任せというプランだったのだが、出てきたのは先代のスズキ・ハスラーだった。ポップなデザインと、軽クロスオーバーというコンセプトが人気を集めた、いわずとしれた大ヒット車。期せずして乗れるとなれば、これはちょっと意外、うれしいではないか。

 レンタカーはとかく、ベーシックな車種を取りそろえていることが多い。個性的なデザインや独特のコンセプトを持つ車はレンタカーでは少なく、万人が無難に扱える車を選ぶ傾向が強い。操作性や着座位置などが一般的な車のほうが、運転に不慣れな人でも事故を起こしにくいという側面もあるのではないかと思う。

 その点ハスラーは、かなり独特な車だ。クロスオーバーを称するだけあって、着座位置(座面の高さ)はやはりちょっと高い。視界がよいと感じる人が多いだろうが、コーナリングではやや不安を感じる部分もある。かなり立っている前面の柱(Aピラー)も、違和感を感じないではない。

激安バジェット・レンタカーでスズキハスラーに乗れた!オシャレで20キロ超の好燃費の画像4
着座位置が高くてAピラーが立っているため、運転中の視界は良好だ。
激安バジェット・レンタカーでスズキハスラーに乗れた!オシャレで20キロ超の好燃費の画像5
シートもクロスカントリー車のような無骨さと、女性にも受け入れられそうな柔らかさを兼ね備えたベンチシート。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ