NEW
高橋祐介「楽しいゲームの話だけさせてくれ」

『フォールガイズ』『カニノケンカ』ヒットの予感…気軽さ&荒唐無稽さ、やみつきに

文・写真=高橋祐介/ライター、ゲーミング蟄居

『フォールガイズ』『カニノケンカ』ヒットの予感…気軽さ&荒唐無稽さ、やみつきにの画像1

 ゲームから久しく離れていた方にとって、人気ゲームとは「大手メーカーが作っているもの」という認識が根強いままかもしれません。ですが昨今は、小規模な会社や個人が開発した個性的なゲームが、大きな存在感を放つようになっています。

 あの『マインクラフト』もインディーズ作品としてスタートしたゲームですし、日本のRPGやシューティングに色濃い影響を受けている『アンダーテール』や、よゐこの濱口優氏が勝手に命名した“ふにゃべえ”の愛称でも知られる『ヒューマン フォール フラット』など、Nintendo Switch(以下、Switch)やPlayStation 4(以下、PS4)で遊べる知名度の高い作品も増えてきました。ちなみに少しマイナーですが、ウェブ媒体の編集長として掲載記事を取捨選択するゲーム『ヘッドライナー:ノヴィニュース』も、筆者が自信を持ってオススメできるインディーズ作品のひとつです。

 もちろん、開発費をたっぷりかけた大手メーカーの作品は、相性さえ合えば途方もなく遊べるわけです。ただ、それには良い面だけでなく悪い面もあり、ちょっとした空き時間に遊ぼうとすると、始めるにも終えるにもだいぶ思い切りが必要になってきます。

 とくに対戦ものはスポーツと同じく、それなりに練習をしていないと十二分には楽しめないもの。また勝負は時の運であり、必ずしも楽しい気分で遊び終えられるとも限りません。筆者は『スプラトゥーン2』をよくプレイしているのですが、仕事の締め切りが重なっている時期はあまり起動する気には……まあ、つい遊んでしまって後悔することも無きにしもあらずですが(笑)。

 新型コロナの影響もあり、大手からのリリースが減っている今、気軽に楽しめるインディーズタイトルに目を向けないのは少々もったいないこと。そこで今回は、SNSや動画配信などで話題であり、今後もさらに盛り上がりそうな2本の作品『フォールガイズ アルティメット ノックアウト』 (英題: Fall Guys: Ultimate Knockout)と 『カニノケンカ -Fight Crab-』を取り上げます。

『フォールガイズ』

『フォールガイズ』『カニノケンカ』ヒットの予感…気軽さ&荒唐無稽さ、やみつきにの画像2

 まずは『フォールガイズ』ですが、SNSなどですでにこの“タラコ人”的な、かわいいキャラを目にした人も多いのでは? 本作はPS4とSteam(PCゲーム用のプラットフォーム)で遊べるゲームで、人気のあまり「世界で最もライブラリーに追加されたPS Plusのフリープレイタイトル」(プレイステーション公式ツイッター 8月26日のツイートより引用)になったそうです。また、発売元のDevolver Digitalによれば、PC版もすでに700万本以上売れているとか。

 その内容は、ネットワークを使って最大60人で対戦する障害物競走&鬼ごっこ&生き残りゲームといったもので、1回の対戦(エピソード)につき4から6の競技(ラウンド)をプレイして勝者を決めます。ただ、60人全員が全ラウンドをプレイするわけではなく、ラウンドごとにどんどん脱落者が出て、最後の1人が決まるまで勝負が続くのです。パーティーゲーム的なゆるさがありながら、『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)』や『テトリス99』といった、いわゆるバトルロワイヤル系の面白さを併せ持ったゲームと言えるでしょう。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ