NEW
高橋祐介「楽しいゲームの話だけさせてくれ」

“異色の”バトルロワイヤル系ゲーム『スペルブレイク』ヒットの予感…全ゲーム機でプレイ可

文=高橋祐介/ライター、全機種そろえる派
“異色の”バトルロワイヤル系ゲーム『スペルブレイク』ヒットの予感…全ゲーム機でプレイ可の画像1
『Spellbreak(スペルブレイク)』

 この原稿を書いている(正確には手直ししている)9月中旬は、Nintendo Switch(以下Switch)用ソフト『モンスターハンターライズ』『ゼルダ無双 厄災の黙示録』発売時期や、PlayStation 5(以下PS5)、Xbox Series XおよびXbox Series Sの販売価格など、立て続けに大きな発表がありました。

 筆者は『モンスターハンター』シリーズはもちろんのこと、Switchの『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』で自由すぎる放浪の旅を、WiiUの『ゼルダ無双』で小気味良いアクションを楽しませてもらったクチなので、『モンスターハンターライズ』『ゼルダ無双 厄災の黙示録』の両作ともに大いに期待しております。

 なお、PS5の予約は各サイトで試みたものの全滅。あとは抽選販売頼みという有様で、筆者は年内に入手できるか怪しくなってきました。とりあえず年末にかけて発売される大作ソフトは、新型XboxやPCでプレイし、PS5は買える機会をゆっくりと待とうと思います。

 ただ、いずれも発売が11月以降と少し先なので、それらに関してはまた改めてお伝えするつもりです。ちなみに今月は11月、12月の商戦時期を控えた時期であり、24日から27日にかけて東京ゲームショウ(今年はオンラインイベントになりました)も開催されるため、いつ大きなニュースが飛び込んできてもおかしくない状況です。というか、何かを発表をするなら今しかタイミングがないので、積極的に情報を追ってみて損はないでしょう。

 さて、今回メインで扱うタイトルはSwitch、PlayStation 4(以下PS4)、Xbox One(以下One)、Epic Games Store(PCゲーム用のプラットフォーム)でプレイできる基本プレイ無料ゲーム『Spellbreak(スペルブレイク)』です。Proletariat, Inc.が9月3日にリリースしたばかりの作品で、あの『Fortnite(フォートナイト)』のように、今後日本でも一気に知名度を上げて“ブレイク”するだけのポテンシャルを秘めた作品といえるでしょう。

“異色の”バトルロワイヤル系ゲーム『スペルブレイク』ヒットの予感…全ゲーム機でプレイ可の画像2

 本作は最大42人で同時対戦し、倒されたプレイヤーから脱落、最後の一人になるまで戦うバトルロワイヤル系のゲームです。ベーシックな遊び方はSquad(スコッド。分隊の意)と呼ばれるもので、ランダムに決まる仲間2人と組んで勝利を目指すことになります。初心者のうちは最後まで勝ち抜くのは難しいわけですが、味方をアシストすることで戦い方を学び、勝利に近づいていけるわけです。もちろん、友人と一緒にチームを組むとより楽しく遊べます。

 この手のゲームは銃を撃ち合うものが大半ですが、『Spellbreak』は一風変わっていて、魔法使い同士の戦いを扱っています。宙を飛び交うキャラクターたちが豪快に魔法弾を撃ち合うビジュアルは、日本の某大人気アニメや、アメコミ原作の映画などを思い起こさせるもの。ついつい「魔貫光○砲!」「オラに力を分けてくれー」などと叫びたくなってしまった人もいるのでは?

関連記事