最新の高級マンションでも“騒音”がヒドイ理由…騒音で悩まない&揉めない物件の選び方の画像1
「Getty Images」より

 いまだ猛威を振るい続ける新型コロナウイルス。その影響で都心部を中心にリモートワークが浸透しつつあり、労働環境の大きな変化が訪れている。実際、多くの企業がリモートワークを導入しており、新たな労働スタイルとしてコロナ禍後にも定着させていこうとする流れもある。だが、在宅時間の増加に伴い、生活音をめぐるトラブルも増えてきているという。

 建材としては信頼度が高く、音も通しづらいとされている鉄筋コンクリート造りのマンションでも、多くの騒音トラブルが報告されているそうだ。そこで今回は、不動産売買および運用、マンション管理組合運営のコンサルティングを手掛け、数多くのマンショントラブルの相談を解決してきた、さくら事務所の土屋輝之氏にマンション騒音事情の実態について話を聞いた。

まず理解しておきたい“騒音の種類”とは?

 騒音問題を語るには音の種類や住居構造など、無数の条件が複雑に絡んでいるということを、まず知ってほしいと土屋氏は語る。 

「音の伝わり方というものには、“空気伝播音”と“躯体伝播音”と呼ばれる2種類があります。まず空気伝播音ですが、これは空気の振動によって伝わる音のこと。日常の生活音でいえばテレビの音声や人の話し声などがこれに当たり、隣の部屋に伝わりやすい音です。一方で躯体伝播音というのは、コンクリートなどの物質を振動させながら伝わっていく音のことで、日常で言えば、上階の住人の足音や、物を落としたときの音など、床や天井などを通して伝わりやすい音とされています。

 とはいえ、必ずしも壁が薄いから空気伝播音が漏れやすい、鉄筋コンクリートだから躯体伝播音が伝わりやすい、というわけではありません。これは極端な例ですが、マンションの躯体を核シェルターのように分厚くした場合その上でダンベルを落としたとして、その音が中にいる人に届くかというと、これは明らかに届き難くなります。理由は単純で、いわゆるコンクリートの躯体が一般的なマンションより格段に分厚いからです。つまり構造が同じでも躯体の厚さといった諸条件が違えば結果も変わるということであり、単純化してその原因を突き止めることはできないということです」(土屋氏)

一般的なマンションとタワマンでは騒音問題が起こる原因も違う?

 では、そうした複雑な条件が交錯する騒音問題に関して、多くの一般的なマンションはどのような対策をしているのだろうか。

関連記事