NEW

いびき防止や腰痛改善の効果も?眠りのプロが推奨する抱き枕4選!男性こそ使うべき理由

文=真島加代/清談社
【この記事のキーワード】, , , ,

 四季の中でも、秋は最も睡眠に適した季節といわれる。真夏の寝苦しい熱帯夜にたまった“睡眠負債”は、秋のうちに返済するのがベターだ。快眠の秋を過ごすために寝具にこだわりたいという人におすすめなのが“抱き枕”だ。実は、抱き枕には寝付きがよくなったり、いびきを軽減したりするなど、さまざまなメリットがあるという。

“横向き寝”をアシストしてくれる抱き枕

 日本睡眠改善協議会上級睡眠改善インストラクターの安達直美さんは、近年の抱き枕市場の広がりについてこう語る。

「抱き枕が市場に出てきたのは25年ほど前です。一時はブームにもなりましたが、あまり枕の種類は豊富ではありませんでした。でも、15年くらい前から、さまざまな素材や個人の“寝姿勢”に合わせた抱き枕が登場するようになりました」(安達さん)

 形状や素材、反発力にこだわったものなど、バリエーションが増えたおかげで、より個人に合った抱き枕が選べるようになったという。安達さんは、抱き枕のメリットについて「横向き寝の体圧を分散させて、体の違和感を減らす」と話す。

「朝起きたときに『ぐっすり寝られた』と感じるためには、睡眠の邪魔をする外的刺激を取り除き、深夜の中途覚醒を減らすのがポイントです。抱き枕を使えば、横向き寝でも体が痛くならず、深夜に途中覚醒しにくくなるのです。しっかり眠れると、目覚めたときに“疲労回復”を実感できるようになります」(同)

 深夜に目が覚めてしまうような“浅い眠り”は疲労回復につながらないため、朝起きても重い疲労感に苛まれてしまう。途中覚醒の原因はさまざまだが、男性の場合は“いびき”が眠りを妨げているケースがよくみられるという。

「いびきをかくのは睡眠中の呼吸がスムーズに行われていない証拠なので、睡眠の質が下がっているんです。寝ている間に呼吸が止まる無呼吸症候群などの疾患も、睡眠の質を悪化させています。また、冬になると外気が乾燥するため鼻腔が乾いて口呼吸が増え、いびきをかきやすくなるといわれています」(同)

 気持ちよさそうにいびきをかいていても、ぐっすり眠れているわけではないのだ。

「いびきは、仰向け寝になると引き起こされる“体位依存性”の人に多いと考えられています。横向きに寝るだけでも、気道が広がって症状が緩和されるという研究結果も出ています。ただ、頭を支える枕だけで横向き寝をすると、敷布団に当たる体の面積が小さく、肩や腰など局所的に体重がかかってしまうので、腕がしびれたり、肩が痛んだりすることもありますよね。そんなときに抱き枕を使えば、横向き寝による体への負担を軽くできるんです」(同)

 特に、腰痛に悩んでいる人は、抱き枕を両膝で挟んで眠るだけで腰の位置が安定して負担が軽減されるという。

プロがオススメする抱き枕とは

 いびき改善や腰痛ケアなど、人々の悩みにそっと寄り添う抱き枕。今すぐにでも抱いて眠りたい……! ということで、安達さんに“おすすめの抱き枕”を教えてもらった。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合