NEW
小林敦志「自動車大激変!」

新型ノートは販売トップを死守できるのか?日産の“e-POWERモデルのみ”戦略に潜むリスク

文=小林敦志/フリー編集記者
新型ノートは販売トップを死守できるのか?日産のe-POWERモデルのみ戦略に潜むリスクの画像1
日産の「ノート」(「日産:ノート [ NOTE ] 電気自動車 (e-POWER)」より)

 2020年11月24日に日産自動車の新型「ノート」が発表となった。3代目となる新型ノート最大の話題は、発電用ガソリンエンジンを搭載し、電動モーターが駆動する“e-POWER”のみのラインナップということである。

 2代目から設定されていたe-POWERは、当時も話題のユニットとして注目されていたが、“割高イメージ”も先行していた。しかし、すでに発表されている新型ノートの価格を見ると、トヨタ自動車「ヤリス ハイブリッド」やホンダ「フィット ハイブリッド」といったライバル車とほぼ同レベルとなっているので、その面では割高イメージは感じず、そのメカニズムを考えれば“割安イメージ”すら感じてしまう。その点では、e-POWERのみにしたメリットがあるといえよう。

 ただし、それはあくまで電動ユニット搭載モデル同士を比較した場合の話。ヤリスやフィットには、ガソリンエンジン搭載モデルも設定されている。しかも、ヤリスには1.5Lのほか1Lも用意されている。フィット ハイブリッドはノートが搭載するe-POWERと同じようなシステムといってもいいものであるが、それでもガソリンエンジン搭載車をラインナップしている。日産としては電動パワートレーンのみにすることで話題性が高まるだろうが、販売現場も足並みが同じとは考えにくい。

 ヤリスの発売から半年後にトヨタ系ディーラーを訪れると、セールスマンはこう話してくれた。

「発売になった頃は“新型車需要”といいますか、ハイブリッドの注文をいただくことが多かったです。しかし、今ではガソリンエンジン車の方が受注は多いですね。今時はガソリンエンジン車も燃費はかなり良くなっております。ハイブリッドの方がもちろん燃費数値としてはいいですが、その分価格も高くなっております。一般的な乗られ方や保有年数では、まず『価格差(ハイブリッドの方が高い)を節約できたガソリン代で相殺するのは無理ですよ』とご説明するようにしております」

 この当時は納期もハイブリッドはほぼ即納状態だったが、ガソリンエンジン車はやや遅延傾向となっていた。

 フィットを扱うホンダカーズ店へ行くと、「フィットのホーム(ガソリンエンジン車)ですと、ご購入後の維持費は別となりますが、車両購入時の支払い額ではN-BOXより買い得感はより高く見えます」と説明を受け、出てきた見積りを見ると、確かにN-BOX より支払総額の買い得感は高かった(N-BOX 並みの予算で買えるということ)。

 同じモデルでハイブリッド車とガソリンエンジン車がある場合は、ハイブリッドをあえて選ぶほど“エコノミー”面でのメリットは薄いとされている。そのため、販売現場では購入希望客が特に興味を示していたり、“指名”したりしているケース以外は、積極的にハイブリッドを勧めない傾向があるようだ。

「“エコロジー”面を意識しているお客には、もちろんハイブリッドを勧めているようですが、たいていのお客は“エコノミー”面を重視しています」とは業界事情通。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合