NEW
「相馬勝の国際情勢インテリジェンス」

香港、民主化活動家が海外へ大量逃亡…国際金融センター機能消滅で中国の一地方都市化か

取材・文=相馬勝/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
香港、民主化活動家が海外へ大量逃亡…国際金融センター機能消滅で中国の一地方都市化かの画像1
香港で2014年に起きた民主化要求デモ「雨傘運動」(「Getty Images」より)

 香港では12月2日の公判で、著名な民主化活動家・黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏に禁固刑13カ月半、周庭(アグネス・チョウ)氏に同10カ月の量刑が言い渡された。また、3日には民主化運動の重鎮的な存在で、香港紙・蘋果日報(アップル・デイリー)創業者の黎智英(ジミー・ライ)氏の詐欺罪に関する初公判で、保釈が認められず、裁判官は2021年4月の次回公判までの勾留を決め、黎氏は刑事施設に収監されるなど、政治的な締め付けが強まっている。

 このようななか、政治的な迫害を恐れて、運動の中心にいた活動家たちの香港脱出の動きが顕在化している。11月に立法会(議会)議員を辞任した許智峯氏は12月3日、訪問先のデンマークで、英国への政治亡命を表明。2016年に議員資格を剥奪された活動家の梁頌恒氏もすでに米国に渡ったことが確認されている。

 これ以前にも、今年7月には著名な民主活動家の羅冠聡・前立法会議員が英国に脱出しており、秘密裏に台湾に逃げ込んだ活動家を含め、少なくとも100人以上が香港から逃亡していると伝えられる。

 とくに、許智峯氏の場合、香港在住の父母と妻、息子と娘の家族5人も4日に香港を離れ、英国で許氏と合流しており、家族ぐるみの亡命という極めて珍しいケースだ。香港政府は「法的責任から逃れようとする犯罪者を決して容認しない」と非難しており、その報復措置として、許氏と家族の銀行口座を凍結し、預金していた数百万香港ドル(1香港ドル=13.43円)が引き出せない状況だという。

 亡命を宣言した活動家と家族の預金口座が凍結されたことが明らかになったのは今回が初めて。

 許氏によると、許氏が12月5日にロンドンに到着して家族と合流したあと、銀行口座を確認したところ、すでに凍結措置がなされていた。これらの口座は香港ドル紙幣を発行している香港上海銀行(HSBC)やスタンダード・チャータード銀行、中国銀行(香港)に加えて、香港の大手銀行である恒生(ハンセン)銀行などの香港を代表する複数の大手銀行が含まれているという。

 報道によると、許氏は銀行に連絡してスタッフに問い合わせたところ、「許氏の口座に関しては、特別な制約が課されているが、具体的には言えない」との返事だった。また、香港メディアがHSBCの報道担当者に質したところ、「個人の銀行口座についてはコメントできない」と答えている。香港警察はメディアの問い合わせについて、「個々のケースや報告についてコメントしないが、法的責任から逃れようとする犯罪者の試みを強く非難するのみである」と述べたという。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合