NEW
黒田尚子「『足るを知る』のマネー学」

近親者に“おひとりさま”、こんな相続は二度とご免!生前に「相続人」が絶対やるべき備え

文=黒田尚子/ファイナンシャル・プランナー
【この記事のキーワード】, ,
近親者に“おひとりさま”、こんな相続は二度とご免!生前に「相続人」が絶対やるべき備えの画像1
「Getty images」より

 国立社会保障・人口問題研究所によると、2020年版「50歳時の未婚割合(2019年に「生涯未婚率」から表現が変更・統一)」は、男性23.4%、女性14.1%。おおむね男性4~5人に1人、女性6~7人に1人が未婚という計算だ。

 この割合は今後も上昇する見込みで、内閣府の「少子化社会対策白書」によると、約20年後の2040年には男性29.5%、女性18.7%程度になると予測されている。

 一生結婚しない男女が増えれば、子どもの数も減る。配偶者や子どものいない“おひとりさま”の相続が増えるのも当然だろう。ここ数年、「死後の手続き」に関する特集をよく見かけるが、親子あるいは配偶者間が前提となっているものが多い気がする。

 今回のコラムでは、“おひとりさま”に万が一のことがあった場合の相続について。そして、近親者に“おひとりさま”がいて、相続人になった場合に備えておきたいことを整理してみよう。

突然、夫も子どももいない“おひとりさま”の面倒を見ることに…

 都内の大手IT企業に勤務する小林美咲さん(仮名・56歳)は、数年前から、母の姉である伯母(92歳)の遠距離介護をしている。伯母は小林さんの実家がある四国に在住で、現在は介護施設に入所している。伯母の配偶者は10年以上前に他界。子どもはおらず、母とは2人姉妹だった。

 小林さんの両親は健在だが、いずれも80代後半と高齢のため、伯母の面倒を見ることは難しい。最も近しい近親者で、世話ができるのは小林さんしかいなかった。その小林さん自身も、独身でひとりっ子。

「伯母には、子どもの頃から本当に可愛がってもらいました。それに、独身の私も、配偶者や子どもがいません。明日は我が身と思えば、放っておくことはできませんでした」と小林さんはため息をつく。

 定期的に伯母や両親の様子を見に帰省していた小林さんだったが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で頻度が減ったという。とはいえ、伯母は、すでに認知症の症状が出始めている。まだ意思能力がはっきりしている内に、万が一の時に備えておきたいということで、ファイナンシャル・プランナーである筆者にご相談があった。

“おひとりさま”の相続はどうなる?

おひとりさま”というが、相続に関していえば、そうでないことがほとんどだ。民法上、亡くなった人(被相続人)の財産を引き継ぐことのできる一定範囲の人を「相続人」という。被相続人に配偶者がいる場合は、その配偶者は常に相続人になり、血族関係者は次の優先順位にしたがって、相続人となる。

・第1順位:子(孫などの代襲相続人を含む)

・第2順位:直系尊属(父母、祖父母※など)

・第3順位:兄弟姉妹

※親等の異なる直系尊属がいる場合、親等の近い者だけが相続人となる(祖父母より父母が優先)

 前掲の小林さんの事例では、すでに小林さんの祖父母(伯母の父母)は亡くなっており、伯母の姉である小林さんの母が唯一の相続人となる。なお、子や直系尊属、兄弟姉妹がいない(すでに死亡)の場合でも、兄弟姉妹に子どもがいれば、その子ども(甥や姪)が代わりに相続人となる。つまり、兄弟姉妹の子に代襲相続が発生する。

 あるいは、父母が養子にした子や認知した子などがいれば、兄弟姉妹となり、“おひとりさま”ではなくなる。戸籍を確認して、はじめて自分に兄弟姉妹がいたと知るのは、ドラマの世界だけの話ではない。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合