NEW

右側の通路に若いCA多い? CAの“隠れルール”…機内食説明の工夫、私生活あるある

取材・文=福永全体/A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

右側の通路に若いCA多い? CAの“隠れルール”…機内食説明の工夫、私生活あるあるの画像1
「Getty Images」より

 飛行機に乗って国内外を飛び回るCA(キャビンアテンダント)といえば、“憧れの職業”というイメージが強い。新型コロナウイルスの影響によって、ANAや日本航空(JAL)などの大手航空会社も来年度分の新卒採用の中止を発表しているが、その確固たるイメージは変わらないだろう。

 そんなCAをめぐって、世間では「進行方向に向かって右側の通路は、若いCAが担当する」という“噂”が存在しているのだとか――。そこで『ファーストクラスCAの心をつかんだ マナーを超えた「気くばり」』(青春出版社)を著書に持つ「CA メディア」代表・清水裕美子氏に、CAたちの“隠れルール”について伺った。

CAは先輩・後輩の上下関係が厳しく体育会系のワケ

 まず、前出の噂は本当なのだろうか?

「はい、本当です。航空会社にもよりますが、多くの場合、右側を若いCAが担当することが多いです。というのも、コンパートメントリーダーと呼ばれる、ビジネスクラスやエコノミークラスをまとめるリーダー的なCAが、お客様が乗り降りする左側にアサインされることが多いからなんです。この役職に抜擢されるのはある程度経験を積んだCAばかりなので、結果的に若いCAが右側を担当することが多くなるというわけです」(清水氏)

 経験の浅いCAは右側につき、機内食の用意やキッチンまわりの業務といったギャレーワークをこなすことが多いのだそう。だが、若手CAの仕事はそれだけではない。

「マニュアルに明記されているわけではないのですが、先輩から後輩に粛々と受け継がれている“ジュニアデューティー”というものがあるんですね。ジュニアというのは、後輩CAを指すのですが、ジュニアは先輩CAより早く集合場所に行ってフライトの準備を全部終わらせておいたり、メンバーが揃ったら人数を数えて『全員います!』と声を出して報告するなど、みんながスムーズに働けるように動きます。そのほかにも、ステイ先のホテルまでのバスに全員が乗ったかどうかや、荷物が全員分載っているかどうかを確認する係もあり、ジュニア同士で役割分担しています。

 けっこう上下関係が厳しく、体育会系の雰囲気ではあるんですが、それは飛行機を安全に運行させることが何より大事であり、その考えをきちんとCA全員が共有しているからこそでもあります。ですから、後輩が業務を抱えすぎていて安全業務が時間内に終わらない……なんてことにならないように、先輩が『困ってることない?』『大丈夫?』と声をかけて後輩が頼みやすい雰囲気づくりをするのも大切な仕事のうち。そういったコーディネーション命の職場なんです」(清水氏)

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合