NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

チャイコフスキー、謎だらけの人生…ある未亡人から無償で毎年1500万円寄贈の裏側

文=篠崎靖男/指揮者
チャイコフスキー、謎だらけの人生…ある未亡人から無償で毎年1500万円寄贈の裏側の画像1
「Getty Images」より

 チャイコフスキーは、ロシアを代表する作曲家というだけでなく、バレエ『白鳥の湖』をはじめとしたクラシック界の大ヒットメーカーです。チャイコフスキーがいなかったとしたら、間違いなくクラシック愛好家は今より少なかったと思います。

 何を隠そう、僕もチャイコフスキーはベートーヴェンやモーツァルトなどと同じく大好きです。日本においてテレビ番組やコマーシャルで使われている曲は、ダントツにチャイコフスキーが多いでしょう。たとえば、ベートーヴェンなどは『第九』の有名な合唱部分以外、使われることは少ないようです。

 そんなチャイコフスキーの最高傑作は何かといえば、僕は遺作になった交響曲第6番『悲愴』だと思います。こんな悲しいタイトルを付けたチャイコフスキーですが、当時の保守的なロシア正教の影響が強いロシアの中では、彼のプライベートは複雑なものでした。実は、彼は同性愛者だったのです。今の時代ならば、LGBTであるとカミングアウトできたかもしれませんが、19世紀後半は、まだまだそんな時代ではありませんでした。

 25歳の頃、彼の熱烈な心棒者だった16歳の女性に押し切られるかたちで結婚したのですが、彼女の思いに応えることはできず、自殺未遂を図るほど苦しみ抜き、彼女から離れたあとは秘められた私生活を送っていました。

 その後、チャイコフスキーは、作曲家としても最盛期であった1893年に急死してしまいます。死因については、モーツァルトと同じく、のちの我々を巻き込むほどの大ミステリーとなりました。というのは、亡くなる直前に交響曲第6番『悲愴』の初演を指揮した際の彼は健康そのものだったからです。しかも通常は、初演後のあとには自信をなくしてふさぎ込むことが多かったにもかかわらず、『悲愴』の際は珍しく、ものすごく上機嫌だったのです。どう考えても、それから9日後に亡くなってしまったのはおかしな話です。

 没後、まことしやかに語られていたのは、ある貴族の男性と関係があったのではないかという噂でした。当時のモラルの中では許されるものではなく、しかも相手は貴族です。急遽、秘密法廷が行われて死刑が決まったものの、当時はロシアの大作曲家となっていたチャイコフスキーを処刑できるはずはなく、彼の名誉を重んじて、ヒ素を飲んで自殺するように促したとの情報が流れたのです。

 しかしながら実際の死因は、当時ロシアで流行していたコレラでした。初演の数日後、上機嫌で観劇をしたチャイコフスキーは、その後、友人と会食をしている際に、周りが止めるのを聞かずに生水を飲んだことがコレラに感染した原因だといわれています。翌日の11月2日に発症し、4日後にはあっけなく死んでしまいました。

 19世紀は、世界的にコレラが大流行した時代でした。1883年にドイツのコッホ博士がコレラ菌を発見するまで原因はわからず、治療法すらもない未知の病気でした。日本でも開国とともに感染が始まり、それが外国人の持ち込んだ未知の病ということで、外国人排斥運動(攘夷論)の一因になったともいわれています。

 1877年の西南戦争では戦地で大流行。その後、帰還兵によって全国に広まることになったそうです。その16年後のチャイコフスキーが亡くなった頃には、すでにコレラ菌は発見されていたわけで、友人の忠告に素直に従ってさえすれば、チャイコフスキーは、その後も素晴らしい交響曲、バレエ音楽、オペラをたくさん作曲してくれたのにと、残念に思います。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合