台湾TSMC、日本企業と関係強化へ…世界的な半導体不足で、日本の高い技術力の重要性増すの画像1
台湾TSMC のHPより

 現在、世界的に半導体の需要が高まり、供給が追い付かない状況が鮮明だ。それによって、半導体関連の部材を供給する日本企業の存在感が一段と高まっている。その代表例が東洋合成工業株式会社(東洋合成)だ。2020年3月末時点で同社の従業員数は688名、売上高は約240億円と、どちらかといえば中堅企業に分類される。

 東洋合成の強みは、微細かつ純度の高い感光材(半導体の製造工程で用いられる化学薬品の原材料)の創出を目指して研究開発と製造技術に磨きをかけ、競合相手が簡単に真似できない製品を生み出してきたことにある。それが世界的な高いシェアを支えている。言い換えれば、高い技術力と高い参入障壁はコインの表と裏の関係だ。それが、シェアの獲得を可能にし、持続的な成長を支える。

 それだけではない。東洋合成のような高い技術力を持つ企業の存在は、世界のフォトレジスト(感光性樹脂)市場における国内大手企業の競争力発揮にも影響している。世界の半導体部材分野における日本企業の競争力は、中長期的な日本経済の安定に無視できない影響を与えるだろう。

東洋合成の競争力を支える研究開発と製造技術

 東洋合成は、世界の半導体生産に無視できない影響を与える企業だ。なぜなら、同社の手掛ける感光材の品質が極めて高いからだ。現在、世界的に半導体の需給はひっ迫している。近年、世界的に半導体の設計・開発と生産が分離した。その結果、世界のファウンドリー(半導体の受託製造業)大手の台湾TSMCの存在感が高まっているように見える。その状況下、新型コロナウイルスの感染拡大によって世界経済のDX=デジタル・トランスフォーメーションが加速し、パソコンやサーバーなどIT機器向けの半導体需要が高まった。

 また、昨年4月以降に中国の新車販売台数が増加に転じ、車載半導体の需要が回復した影響もある。目下、世界のIT大手が自社で設計・開発した半導体を生産するために、ファウンドリー企業の生産ラインを奪い合っているというべき状況だ。

 そうしたなかでTSMCは最先端の5ナノ(10億分の1)メートルの回路線幅の半導体生産を開始し、競争をリードしている。5ナノメートルの半導体生産にはEUV(極端紫外線)露光技術が必要だ。それを支える要素の一つが、非常に短い波長の光をとらえるフォトレジストだ。EUV向けフォトレジスト生産に用いられる感光材の分野において、東洋合成は世界の5割のシェアを持つ。その他の半導体生産に必要な部材分野でも東洋合成は高品質かつ多様な原材料を供給し、ニッチな市場で存在感を発揮している。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合