旭川医大、吉田学長が会見直前にメディアに生配信中止を要請…学長退任求める署名活動かの画像1
「Getty Images」より

 国立旭川医科大学(北海道旭川市)は25日、同大附属病院の古川博之病院長の解任を決定した。同大の吉田晃敏学長と古川院長は、昨年、旭川市内で急増していた新型コロナウイルス感染症患者の受け入れ方針をめぐり、対立が先鋭化していた。同医科大附属病院や同市内の医療関係者に混乱と動揺が広がる中、吉田学長は翌26日、報道機関を集めて会見を開くことになったのだが、そこでも異常な状態が展開されていたようだ。

医科大役員会「ネットでの生配信はお断り願う」

 会見に出席したある報道機関のデスクは次のように不信感をにじませる。

「会見は午後3時からの予定でした。吉田学長や役員会の主要メンバー、顧問弁護士らの出席が予定されていました。午後3時、司会者が出席予定者の名前を読み上げたのですが、さっぱり吉田学長らが入って来ない。そのまま司会者もどこかに行ってしまい、20分が経過したころ、病院職員の女性が突然、『すいません生配信されている会社様がございましたら、止めていただけないかという指示がございまして……』などと言ってきたそうです。

 つまり、ネットでの生配信が役員会でだめということになったというのです。テレビ局はみな露骨に不快感を示しました。大学側に編集でもさせろというのか、ふざけるなと。一連の医科大の対応は正直に言っておかしなところだらけでしたが、この重要な局面でもそういう姿勢を取るのはちょっと聞いたことがありません。そもそも吉田学長は、ICT(情報通信技術)を用いた遠隔料医療のパイオニアとして、世界から注目を集めている人物です。タイムラグのない動画での情報共有の重要さを、この国で最も理解されているからこそ、マスコミの生放送を不都合だと思ったのでしょうか」

 吉田学長と古川病院長の確執は昨年11月、同市内の慶友会吉田病院でクラスターが発生し、その感染者の受け入れをめぐって表面化した。北海道新聞や「週刊文春」(文藝春秋)の報道によると、吉田学長は吉田病院の感染者の受け入れを拒否。古川病院長に対し「受け入れるならおまえが辞めろ」などと言ったとされる。また「文春オンライン」(同)は昨年12月16日、記事『コロナ患者の受け入れ拒否 旭川医科大学学長がクラスター発生病院に「なくなるしかない」と暴言音声』を配信。吉田学長が昨年11月の学内会議で「コロナを完全になくすためには、あの病院(吉田病院)が完全になくなるしかない」などと発言したことが音声とともに公開され、その後、吉田学長は謝罪に追い込まれた。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合