スーパークレイジー君市から議員辞職圧力投稿…市側は「当選辞退も選択肢だと説明」の画像1
戸田市公式サイトより

 先月31日に投開票が行われた埼玉県戸田市議選で、公明党や共産党、日本維新の会の候補に競り勝って当選したラッパー、スーパークレイジー君こと西本誠氏(34)が16日、自身のTwitterアカウントに投稿した内容が波紋を呼んでいる。

「夜中に市役所職員に呼び出されて議員就任の前に辞職を遠回しにすすめられたこと。まだ名前は言いませんが。いろんな圧力には負けません」(原文ママ、以下同)

「テレビ朝日でテレビ取材だった為に東京からトンボ帰り。そこで言われたことは、貴方の当選無効を狙った人がいると。負けるだけの証拠が出せないならば、自分から辞職した方が貴方の株があがると言われ」

 西本氏の投稿内容が事実だとすれば、民主主義の根幹にかかわるような一大事だ。東スポWEB(東京スポーツ新聞社)は17日、一連の西本氏の投稿に補足する形式で記事『スーパークレイジー君 夜中に市職員に呼び出され辞職勧められる「圧力には負けません!」』を公開。西本氏のフォロワー以外にも衝撃が広がりつつある。

16日には戸田市選管に西本氏の当選効力無効の申し立てがあった

 西本氏の投稿内容を裏付けるかのように、戸田市は16日、「戸田市議会議員一般選挙当選の効力に関する異議の申出の受理について」というプレスリリースを発表していた。内容を以下、引用する。

「公職選挙法第206条の規定に基づき、当選の効力に関する異議の申出が2021年2月15日付で戸田市選挙管理委員会に提出されました。

 同委員会は、2021年2月16日付で会議を開催し、申出について審議した結果、受理すべきものと決定しました。

 これにより、すべての候補者の供託金の返還が、異議の申出に対する最終的な結果が確定されるまで延期されます。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合