モスバーガー、この春食べたい絶品5選!美味い&低カロリー&ボリューミーなバーガーもの画像1
モスバーガーの店舗

 人気ハンバーガーチェーンである「モスバーガー」。1972年6月に創業してから約半世紀たち、2021年2月末時点で日本全国に1261店舗を構える全国規模のチェーン店へと成長を遂げた。

 モスバーガーを運営するモスフードサービスが2021年2月12日に発表した2021年3月期第3四半期決算短信によると、2020年4~12月の純利益は2億2700万円と前年同期比で63.5%減少したものの黒字に留めている。

 また、新規出店が12店舗に対して閉店は34店舗と若干の規模縮小を余儀なくされたが、売上高は535億9000万円で前年同期比2.9%増を記録していることから、コロナ禍に負けない積極的な事業展開で健闘を続けているようだ。

 そんなモスバーガーのメニューには、定番から新商品まで魅力的な商品が取り揃えられている。今回「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」では、モスバーガーのメニューを独自にリサーチ、ピックアップした。ではさっそく、「この春、買うべきモスバーガーのメニュー5選」を紹介していこう。

モス野菜バーガー/334円(税別、以下同)

モスバーガー、この春食べたい絶品5選!美味い&低カロリー&ボリューミーなバーガーもの画像2

 初めに紹介するのは、「モス野菜バーガー」。2019年5月掲載の当サイト記事『モスバーガー「買ってはいけない商品」5選!大不評で逆に話題、コスパ最悪、温度ぬるい』では、食感のぬるさから“買ってはいけない”商品としたが、健康志向が高まる今、野菜が存分に味わえる“買うべき”商品として紹介させていただきたい。

 その名の通り、細切りのレタスやトマト、オニオンスライスといった生野菜がサンドされ、オリジナルのオーロラソースにも細かくカットされたタマネギ、赤ピーマン、ズッキーニ、セロリが入っているため、豊富な野菜が使用されている。口コミでは“ソースがおいしくて野菜に合う”、“シャキシャキ感があって、サラダのように食べられる”と評判だ。

 実食してみると、ボリュームたっぷりな生野菜のおいしさが、ふんだんに使われたソースによってしっかりと引き立っていた。そのなかでも強い存在感を出しているのがトマト。そのみずみずしさはモスバーガーの新鮮な野菜へのこだわりを象徴しているようにも思える。

オニポテ(フレンチフライポテト&オニオンフライ)+チリディップソース/232円+84円

モスバーガー、この春食べたい絶品5選!美味い&低カロリー&ボリューミーなバーガーもの画像3

 モスバーガーのロングセラーである「オニオンフライ」と「フレンチフライポテト」が一度に味わえる「オニポテ」。2019年5月に当サイトで掲載した『マックにはない!モスバーガー、今食べるべき商品5選…食べたら驚く美味さ&ガッツリさ!』でもピックアップしているが、「チリディップソース」との相性の良さがSNS上で“この組み合わせは鉄板!”と評判になっているため、今回はその食べ合わせを紹介したい。

 大豆、りんご、豚肉、鶏肉、豚肉が入っているチリディップソースは、ただ単に辛いだけではない絶妙な味わいとなっていることが特徴。実際にオニオンフライとフレンチフライポテトをソースに付けて食べてみると、細かくなった大豆とオニオンの食感とともに、とても味わい深い風味が口のなかに漂ってくる。

 辛いものが苦手な方にはオススメできないが、チリディップソースがあるだけでオニポテがいつもとは違うメニューのようになる。好みと気分によってつける量を変えれば、味の変化を楽しめる食べ合わせだ。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合