NEW

モス、この春“不評な”商品5選…辛すぎるバーガー、シェイクはマックにコスパで完敗

文=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, , , ,

モス、この春不評な商品5選…辛すぎるバーガー、シェイクはマックにコスパで完敗の画像1
モスバーガーの店舗

 ハンバーガーチェーンのモスバーガーを展開するモスフードサービスは2月7日、2020年3月期第3四半期決算を発表した。それによると、前年同期比3.6%増となる売上高520億円、19.1%増となる営業利益11億円を記録したという。

 この好調を支えた要因のひとつは、消費税率引き上げに伴う軽減税率に合わせた取り組みだ。テイクアウト需要が増えることを見越し、長い時間置いていても味わいが保たれるようにバンズをリニューアル。また、デリバリー配達サービス「ウーバーイーツ」の導入店舗を増やして、新規ユーザーの獲得につなげたという。

 18年8月に起きた食中毒問題以降、同チェーンを敬遠していたものの、再び足を運んでみようという方も多いことだろう。そこで今回は、あえて「この春、買ってはいけないモスバーガーの商品5選」をピックアップしてみた。メニュー選びで失敗してしまわないよう、ぜひこの記事を活用してほしい(価格は税別)。

スパイシーモスバーガー/371円

 当サイトで昨年5月に公開した「モスバーガー『買ってはいけない商品』5選!大不評で逆に話題、コスパ最悪、温度ぬるい」で紹介した「スパイシーモスバーガー」は、おすすめできない商品を語る上では、やはり外せない。

モス、この春不評な商品5選…辛すぎるバーガー、シェイクはマックにコスパで完敗の画像2

 商品名のなかに“モス”と入っていることからもうかがえるように、自信を持って提供しているバーガーなのだろうが……問題なのは味ではなく、その辛さだ。

 輪切りのハラペーニョが入っているため、かぶりついたときの刺激は相当なもの。辛党でなければ、おいしさよりも口の中の痛みのほうが勝ってしまうのではないだろうか。

 定番商品の「チリドッグ」(325円)であれば、そこまでスパイシーさはないし、また、包装紙にあふれてしまうほどソースが挟まっている「スパイシーモスバーガー」より、片手で持てる分だけ食べやすいという利点もある。春の行楽には、「チリドッグ」のほうが向いていることは間違いない。

モスの菜摘(なつみ)ソイモス野菜/334円

「買ってはいけないモスバーガーの商品」として、よく名前が挙がってしまいがちなのが「モスの菜摘」シリーズだ。バーガーのように袋に入れられたいっぱいの野菜はまとまりがなく、非常に食べづらいというのが、その大きな理由である。

モス、この春不評な商品5選…辛すぎるバーガー、シェイクはマックにコスパで完敗の画像3

 しかし、このほかにもおすすめできないポイントを持つ商品が「モスの菜摘ソイモス野菜」。シリーズのなかで唯一ソイパティが挟み込まれているこの商品は、肉のうまみや脂っこさがない分、どうしても物足りなさが否めない出来になっているのだ。

 カロリーはかなり抑えられており、野菜もたくさん摂取できるので、夏を前にダイエットしておきたいというニーズにはこたえてくれそうなのだが……とにかく痩せたいという人以外は、避けておいたほうが無難だろう。

【毎月29日限定】にくカツにくバーガー 10:30am~/806円

「【毎月29日限定】にくカツにくバーガー 10:30am~」は毎月29日限定で販売されている珍しいバーガー。タイミングが合った際には、そのレアさに惹かれて注文したくなるだろうが、一旦ストップだ。

モス、この春不評な商品5選…辛すぎるバーガー、シェイクはマックにコスパで完敗の画像4

 グリーンリーフやレタスとともにサンドされているのは、ロースカツとテリヤキチキン。さらに、これらを挟んでいるのはバンズではなくハンバーガーパティで、とにかく肉づくしのメニューとなっている。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ