無印良品、ネット上で大絶賛の5商品!肌ざわり抜群のマスク、軽く使いやすい調理スプーン

無印良品の店舗

 7000品目以上の商品を展開している「無印良品」。立ち上げられた当時は”わけあって、安い。”というキャッチフレーズを掲げて低価格をアピールしていたが、今では質本位な商品を生み出し続けるブランドとして広く認知されるようになった。

 無印良品を展開する株式会社良品計画が1月8日に発表した決算短信によると、2021年8月期第1四半期の連結業績(2020年9~11月)は、営業収益が前年同期比で46.0%増の1149億6000万円となった。営業収益と経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益も損失を出していた前年同期から一転、増益を記録している。

 そんな無印良品では衣服や家具、飲食品など多種多様な商品がラインナップされているが、今回「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」はそのなかから日々の生活に役立つアイテムを独自にリサーチ。「この春、買うべき無印良品の商品」を5つ選出した。さっそく紹介していこう。

繰り返し使えるマスク M 1枚入 約150×130mm/390円(税込、以下同)

 コロナ禍でマスクが生活必需品になっていることに加え、春になると花粉が飛散するため、より質の良いマスクを探し求めるという方も多いだろう。無印良品でもさまざまなマスクが販売されているが、そのなかでも「繰り返し使えるマスク」は購入者からの評価が高い。

「繰り返し使えるマスク」のサイズはS、M、Lの3種類で、材質はポリエステルとポリウレタン、洗濯耐久性は手洗いで約50回だという。ネットでの評価としては「肌ざわりが良く、マスクによる肌荒れが解消した」「柔らかくエアリーな生地感が良い」など、感触を絶賛する声が多い。ほかにも「息がしやすい」という機能性を称えるものや、「嫌な臭いがしない」といった感想もあった。

 実際に装着してみると、生地の伸縮性がとても高く、耳にかける部分もよく伸びて装着しやすい。さらに、肌に触れる部分はとてもエアリーで息もしやすく、マスクを着用することによるストレスは極めて低い。特に敏感肌の方には、この春オススメのアイテムといえるだろう。

アルミシャープペン 0.5mm/550円

「アルミシャープペン 0.5mm」は、今年の春に登場したばかりの新商品。名前の通り、素材にはアルミニウムが用いられていて、頑丈でありながらシンプルなデザインがセールポイントだ。

 新商品ながら早くも機能性を称える声が上がっていて、「落としても壊れにくくなっていて、旧型より耐久性が増している」など旧型と比べた改良点に言及した意見が散見される。確かに、文房具は落とした際にペン先が曲がるなど、ふとしたときに壊れやすいのだが、その点が改良されているのだという。

「アルミシャープペン」を手に持ち、まず感じたのはその軽さ。ペンケースに入れてもかさばらないスマートなデザインで、それでいて従来品よりも壊れにくくなっているというのだから、日常的に使うのに打ってつけの筆記用具だ。

編集部イチオシ企画
Pick Up News

RANKING

ヘルス・ライフ

ビジネス

総合

SNS