楽天モバイル「1年無料」締切目前、申込み殺到?神オトクだが、注意すべき意外な盲点

楽天モバイルのHPより

「日本のスマホ代は高すぎる!」と女優の米倉涼子が叫ぶCMでお馴染みの楽天モバイル。現在、楽天モバイルは「Rakuten UN-LIMIT VI」という低価格プランを提供しているが、ここにきて熱い注目を集めている。なぜなら、「1年間無料キャンペーン」の申込みの締切が迫っているからだ。締切を前に契約申し込みが急増しているという報道もある。

 このプラン、「1年無料で使えるから」と飛びついていいのだろうか。結論からいえば、プランの内容が魅力的かどうかは人によるが、ほとんどの人にとって、このキャンペーンに乗っておいて“損はない”。

 早速、いったいどんな内容のプランなのかを振り返っておこう。

 まず、基本的な料金は2980円(税抜、以下同)だ。段階制であるが、データ容量無制限で使うには、この金額になる。同じく2000円代のプランとしてNTTドコモの「ahamo」などがあるが、大手キャリアの格安プランがデータ容量20GBなどと制限があるなか、楽天モバイルはデータ容量は無制限。仮に100GB使っても定額だ。その昔「パケ・ホーダイ」などのプランが人気を博したが、同じ要領である。

 また、「Rakuten Link」アプリ経由という条件付きではあるが、国内通話はかけ放題となる。

破格で提供できるワケ

 データ容量無制限で、国内通話もかけ放題。これが2980円なので、破格だ。しかし、この安さには理由がある。まず、データ容量が無制限になるのは「楽天回線エリア」内での通信に限られる。そして、このエリアは全国をカバーできているわけではない。さすがに都心部や一定規模の都市には対応しているが、首都圏であれば栃木市や藤沢市の一部などはエリア外。

 楽天回線エリア外での利用は、「パートナー回線」に切り替わり、データ容量無制限ではなくなる。パートナー回線でのデータ利用はできるが、5GBを超えると速度制限がかかってしまう。具体的には1MBpsまで落ちてしまう。使えないわけではないが、YouTubeの高画質動画の視聴はかなり厳しい。普段の4G回線の速度に慣れていると、相当なストレスを感じてしまうだろう。

 今後、楽天回線エリアの拡大は予定されているが、以下のサイトから自宅や職場などがエリアに含まれているか確認は必要だ。

【サービスエリア】

https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/

 加えて、楽天が提供する回線には、エリアだけでなく周波数にも懸念がある。「プラチナバンド」という名前を聞いたことがある人はいるだろう。周波数は帯域によって特徴があり、低くなると障害物の裏にも回り込むのでつながりやすくなる。ドコモやau(KDDI)、ソフトバンクは、つながりやすいプラチナバンドを有しているが、楽天にはそれがないのだ。

 ソフトバンクがボーダフォンの日本法人を買収し、モバイル事業へ新規参入した頃を思い出してほしい。当時のソフトバンクには「つながりづらい」というイメージがあった。あれはイメージではなく、本当につながりづらかった。それもそのはず、当時のソフトバンクはプラチナバンドを認可されていなかった。結局、ソフトバンクはプラチナバンドを獲得するまで「つながりづらさ」の問題を抱えることになる。実は、あの時のソフトバンクと楽天は同じ状況なのだ。「大手キャリアと同じでしょ」とイメージしていると、思わぬストレスを感じるリスクがある。

 ちなみに、「Rakuten UN-LIMIT VI」は追加料金なしで5G回線も利用できる。だが、ただでさえ楽天回線エリアが限られているなかで、5Gエリアはもっと限定的だ。

【5Gサービスエリア】

https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/5g_area/?l-id=area_5g-area

編集部イチオシ企画
Pick Up News

RANKING

IT

ビジネス

総合

SNS