なぜ香港投資ファンドは、わざわざ赤字の「カフェ・ベローチェ」運営会社を買収したのか?の画像1
カフェ・ベローチェの店舗(「Wikipedia」より)

カフェ・ベローチェ」を運営する喫茶店チェーンのシャノアール(東京・豊島区)と珈琲館(東京・渋谷区)が4月1日付で合併し、「C-United(シーユナイテッド)」として再出発した。COFFEE(コーヒー)、CREATIVITY(創造力)、CHEMISTRY(化学反応/相乗効果)の3つの言葉の頭文字の「C」に、力を合わせるという意味のUNITEDをつなぎ、新しい社名とした。

 両社は投資ファンド、ロングリーチグループ(香港)傘下に入っており、合併で経営の効率化を進める。新会社の店舗数は約400。スターバックス(1628店)、ドトール(1295店)、コメダ珈琲(873店)、タリーズ(747店)に次いでカフェ業界第5位の規模になる。

 ロングリーチは2020年1月、シャノアールを買収した。シャノアールは1965年の設立。セルフサービス型コーヒーショップ「カフェ・ベローチェ」、フルサービス型カフェ「コーヒーハウス シャノアール」など195店を運営。都心で手ごろな価格でコーヒーを提供する店として知られていた。20年3月期の決算公告によると最終損益は21億円の赤字だった。

 ロングリーチは18年、UCCホールディングスからカフェチェーン珈琲館を買収した。フルサービスの喫茶店チェーンで国内2位の珈琲館は炭火焙煎コーヒーが特徴で、全国に約300店がある。18年12月期の決算公告によると最終損益は6億円の黒字だった。UCCは顧客の目の前でコーヒーを1杯ずつ抽出するサービスを売り物にしている「上島珈琲店」に経営資源を集中する。

 ロングリーチは、どんな活動をしてきたのか。16年、米国系ハンバーガー店「ウェンディーズ」を展開するウェンディーズ・ジャパンが、サントリーホールディングス傘下のファーストキッチン(東京・新宿区)を買収した。その際、ロングリーチグループはファーストキッチンの第三者割当増資を引き受け、筆頭株主になった。

 ロングリーチは05年、日本マクドナルドホールディングスの創業者の藤田田氏の一族から日本マクドナルドの株式を買い取り、マック株式を保有していたことがある。香港・上海のロングリーチグループ・リミテッドと東京の株式会社ロングリーチグループ(東京・千代田区)の2つの拠点を持つ独立系投資ファンドである。

 東京のロングリーチグループの代表取締役兼パートナーの吉沢正道氏は住友銀行出身。ロバートソン・スティーブンスインターナショナル、モルガンスタンレー証券を経て03年、ロングリーチグループを設立した。

スタバとドトールは赤字、コメダは黒字と明暗を分ける

 カフェ業界はコンビニコーヒーの登場で大激震に見舞われた。11年にローソン、12年にファミリーマート、そして13年にセブン-イレブンが100円コーヒーのサービスを開始し、またたく間に大ヒット商品に育った。

RANKING