NEW

意外に高還元&お得!WAON・Suica・楽天Edy…非Pay系マネーはこれだ!

取材・文=清談社
【この記事のキーワード】

, ,

意外に高還元&お得!WAON・Suica・楽天Edy…非Pay系マネーはこれだ!の画像1
「楽天Edy」のオフィシャルサイトより

 PayPayなどのQRコード決済に取って代わられ、ここ数年は影が薄くなっている“チャージ&タッチ”系の電子マネー。その代表格といえば「Suica」「PASMO」などの交通機関系、そして「楽天Edy」「nanaco」「WAON」などの商業系がある。専用のICチップを内蔵したカードに現金をチャージしたり、クレジットカードから登録して使うが、利用者側としてはコード決済とほとんど変わらない。

 事業者側にはチップを読み込むカードリーダーを設置するコストがかかるが、主婦や会社員が普段使いするような店舗の多くに導入されている。それでも最近はQRコード決済がさまざまなキャンペーンを行っているおかげで、チャージ&タッチ系の電子マネーサービスの出番がないという人も多いかもしれない。しかし、こまめにチェックすれば、それらをお得に使える方法はたくさんある。

 そこで今回は、上記に挙げた代表的なサービスの現状とお得な使い方を伝授する。

楽天Edy

 楽天Edyは楽天が運営する電子マネーサービス。楽天ポイントカードやEdy機能付き楽天カードでの利用も可能だ。楽天カードの申し込みと同時にEdy500円分が進呈されるキャンペーンが大々的に行われているので、楽天カードにチャージ済みという人も多いだろう。Edyはクレジットカード、アプリ、現金からチャージが行える。利用時はカードを機器にかざすだけだ。

 目立ってはいないが、Edy関連のキャンペーンも数々行われている。例えば、楽天モバイル契約者が楽天Edyを初めて利用するとEdy2000円分が当たるキャンペーンや、Jネットレンタカーを利用すると、プランに応じてEdy1000円分がプレゼントされるというものがある。

 また、楽天Edyの利用でも楽天ポイントをためることができ、200円ごとに1ポイントと還元率は0.5%。また、楽天カードからのチャージでもポイントがたまるので、利用時のポイントと合わせれば、合計1%の還元を受けることができる。

 楽天経済圏でポイ活に励んでいるなら、必要に応じて楽天Edyも併用するのもいいかもしれない。

nanaco

 nanacoはセブン&アイ・ホールディングスが運営する電子マネーサービス。セブンイレブンやイトーヨーカドーなどの系列店ではもちろん、デニーズ、ツルハドラッグなどでも利用できる。

 nanacoカードか、アプリを機器にかざせば支払いが完了。チャージも現金かクレジットカードから選ぶことができ、クレジットカードの場合はオートチャージ設定も可能だ。ちなみに、ポイント還元率は0.5%で、クレジットカードからのチャージでも同率の還元が受けられる。また、セブンイレブンでは対象商品を購入すればボーナスポイントがもらえる場合もある。

RANKING
  • マネー
  • ビジネス
  • 総合