NEW
黒田尚子「『足るを知る』のマネー学」

太陽生命「感染症保険」販売10万件を突破…「コロナ保険」続々登場で加入者急増

文=黒田尚子/ファイナンシャル・プランナー
太陽生命「感染症保険」販売10万件を突破…「コロナ保険」続々登場で加入者急増の画像1
太陽生命 HP」より

 もはや日々の感染者数を聞いても、驚かなくなってしまった自分がいる。慣れというのは本当に恐ろしい。

 5月27日時点での東京都内の新たなコロナの感染者は684人。1週間前よりも159人減ってはいるものの、以前として高い水準で予断を許さない状況だとみられている。これを受けて5月末に期限を迎える緊急事態宣言に関し、東京を含む、北海道、愛知、大阪、京都、兵庫、岡山、広島、福岡の9都道府県について来月20日まで延長されるという。どうやら、5月23日に対象に加わった沖縄の期限に合わせる形のようだ。

 感染急拡大の一因として、変異ウイルス(変異株)による感染者の増加が挙げられているが、とにかく、コロナには絶対かかりたくない。感染した場合の生活や仕事への影響はさることながら、すでに罹患された患者の後遺症に関する報道を聞く限り、深刻さが伺えるからだ。

 しかし、これだけ感染者が増加すれば、相対的に自分や家族が感染するリスクは高まる。そこで、コロナに罹患した場合の経済的リスクに備えて、「コロナ保険」への加入者も急増している。

 本稿では、ファイナンシャルプランナー(FP)として、これからでもコロナ保険に加入すべきかどうか考えてみたいと思う。

2020年5月発売のjustInCase「コロナ助け合い保険」が国内初

 コロナ保険といえば、真っ先に登場したのが、2020年5月に発売されたjustInCaseの「コロナ助け合い保険」である。同社は、2018年7月1日から少額短期保険業を開業した保険スタートアップ企業。2020年1月には、保険に加入した契約者同士でリスクを共有する「P2P」というしくみを取り入れた国内初のわりかん保険を発売した、何かと話題の少短事業者だ。

 コロナ助け合い保険の保障内容は非常にシンプルである。コロナで1泊2日以上入院した場合、10万円の給付金が受け取れるというもの。いわゆる入院一時金タイプの医療保険で、コロナだけでなく病気やケガも保障される。保険期間は1年。手続きはすべてネットで完結し、申し込み後すぐに保険期間が開始される。加入できるのは15~64歳までで、保険料は男性が510~730円、女性が560~960円となっている。

 一般的な保険の場合、年齢が高くなれば保険料も高くなるが、この商品の場合、保険料の最安の年齢帯は、男性30~34歳、女性15~19歳、最高の年齢帯は、男性60~64歳、女性30~34歳とバラバラだ。統計的に、20代~30代の女性は、妊娠・出産による入院・手術のリスクが高く、同年齢の男性と比較して保険料が高く設定されているという。それでも、どの年代もワンコインから千円札でおつりがくる額である。

 なお、同社には「シンプル医療ほけん」という商品があるが、保険料や保障内容は「コロナ助け合い保険」とまったく同じ。後者の場合、利益の全額が医療従事者へ寄付されるという点だけが異なる。

過去10年で最短で10万件越えの太陽生命のコロナ保険

 続いて2020年9月に発売されたのが太陽生命「感染症プラス入院一時金保険」である。同社によると、今年4月中旬時点で、販売件数は10万件を超えた。過去10年間に販売した商品のなかで、最も早く10万件超えを記録したほどの人気ぶりだ。

 さらに、2020年11月からは、同商品の提供範囲を選択緩和型保険にまで拡大。持病や既往症で加入できない層のニーズにも対応している。こちらも好評なようで、直近の販売件数は標準体と緩和型を合わせて11万4000件にのぼる(2021年5月末現在)。

 同商品もjustInCaseの「コロナ助け合い保険」と同じく、入院一時金タイプの医療保険。コロナを含む所定の感染症や不慮の事故などが原因で入院したときに、最高40万円の給付金が受け取れる。コロナ助け合い保険と異なるのは、日帰り入院も対象となる点や責任開始日から10日以内に発病した感染症は保障の対象外となる点などが挙げられる。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合