広瀬すず主演ドラマ、なぜ視聴率低い?『なつぞら』以外は惨敗、『ネメシス』最終回は?の画像1
『ネメシス』公式サイトより

 広瀬すずと櫻井翔のダブル主演の連続ドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)が13日、いよいよ最終回を迎える。放送開始前は同年齢の広瀬と橋本環奈が初共演することなどで話題を集めていたが、いざ蓋を開けると、ここまでの最高視聴率は第1話にマークした11.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)が最高で、第2話以降はすべて一桁と苦戦が続いている。

 実は、広瀬が主演もしくは主演クラスで出演した連ドラは、平均視聴率21.0%を記録した朝の連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)以外、数字が取れていないという事実があるのだ。

『学校のカイダン』(平均視聴率9.3%)

 広瀬が最初に主演した連ドラは2015年1月期の『学校のカイダン』(日テレ系)である。彼女が演じる地味な女子高生・春菜ツバメは生徒会長の役を押しつけられるものの、謎の天才スピーチライターと出会い、その教えを受ける。そして言葉の力によって腐った学校に革命を起こすという学園ドラマだった。

 共演に天才スピーチライター役の神木隆之介や杉咲花、間宮祥太朗、飯豊まりえ、成田凌などが揃っていたが、今となっては若手実力派の役者たちが、このときは“早すぎた”ということなのかもしれない。

 加えて学園ドラマということもあって、観る層が限られてしまった感はある。当時、広瀬は伸び盛りの若手女優として注目を浴びていたが、ドラマの主演女優として観たいかと言われれば、ドラマのコアターゲットとなっているF1層(20~34歳女性)・F2層(35~49歳女性)からはズレてしまった感が否めない。結局、平均視聴率は9.3%と、二桁に届いていない。

 この『学校のカイダン』以来、3年ぶり二度目の主演となった連ドラが、2018年1月期に放送された『anone』(日テレ系)である。広瀬演じる主人公・辻沢ハリカは、ネットカフェで過ごす孤独な少女。両親と弟を亡くし児童養護施設で育ったこともあり、過去の辛い思い出に蓋をして、なんとかその日を生きていた。そんな日々のなか、ある事件をきっかけに、老齢の女との運命的な出会いをする。

 生きることの意味や生きていく上で本当に大切なものを問いかける作品で、真実の人間愛を見つけていくヒューマンストーリーである。哀しく切ない一方で、温かい人々の物語が紡がれていく。ただ、勧善懲悪が好きな人や、善人・悪人など登場人物の立ち位置がはっきりとした脚本が好きな人には向かないドラマである。

 ドラマチックな展開も特になく、細かくエピソードを積み上げていく地味な作品だったこともあってか、観る人を思いっきり選んでしまったのが数字に表れてしまったように思える。賛否両論あったこともあり、視聴率は第1話の9.2%が最高で、一度も二桁に乗ることなく終わってしまった。平均では6.1%という、文字通りの“惨敗”である。

 それでも、淡々と展開し、観るものの心をじわじわと打つ本作は、18年3月度のギャラクシー賞月間賞を受賞したほか、フランスのカンヌにて開催されたコンテンツ見本市『MIPCOM2018』において、“IPCOM BUYERS’ AWARD for Japanese Drama”グランプリを受賞するなど、高い評価を受けている。作品のクオリティと視聴率は別物だということを端的に表した一作といえよう。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合