NEW
すぎもとたかよし「サラリーマン自動車ライターのクルマ業界ナナメ斬り!」

BMWの巨大グリル問題に思う、自動車メディアのあるべき姿とは? 

文=すぎもと たかよし/サラリーマン自動車ライター
【この記事のキーワード】

, ,

BMWの巨大グリル問題に思う、自動車メディアのあるべき姿とは? の画像1
新型7シリーズ

 最近、派手になるばかりのBMW車の顔つきをめぐって、自動車評論というものについて少しだけ思うことがあった。

 BMW車の伝統であるキドニーグリルについては、現在のデザイン責任者の就任以降、まず左右に分かれていたものが一体化され、シリーズによる程度の違いこそあるけれど、全体が次第に大型化されつつある。

 とくに、2019年にマイナーチェンジ版が国内導入された7シリーズでは実に40%も拡大、さらに同年のフランクフルト・モーターショーで発表された4シリーズのコンセプトカーでは、より劇的な巨大化でファンを驚かせた。

BMWの巨大グリル問題に思う、自動車メディアのあるべき姿とは? の画像2

BMWの巨大グリル問題に思う、自動車メディアのあるべき姿とは? の画像3

BMWの巨大グリル問題に思う、自動車メディアのあるべき姿とは? の画像4
新型M4

 おもしろいのは、「このデカさはどうなの?」とグリルが話題の中心になる一方で、しかしこれが正面から評論されることはほとんどなく、語られることがあったとしても「思っていたより気にならない」といった程度にとどまっているところだ。

BMWの巨大グリル問題に思う、自動車メディアのあるべき姿とは? の画像5
新型M3・M4

 そうしたなか、今年の1月26日よりBMW M社のハイパフォーマンスモデルである「M3」「M4」シリーズが日本に導入され、この原稿を執筆中の5月中旬、各自動車雑誌ではその高性能ぶりに絶賛の文章が踊っている。

 では、この巨大なグリルについては? と思っていたところ、ある自動車雑誌で興味深い記事があった。当誌では特集としてM2~M5のシリーズ4台が大きく取り上げられており、各々詳細なインプレッション記事が書かれている。

 このうち、日本人ジャーナリストにより書かれた3台は例によってグリルに関する記載はなく、ひたすら走りの性能だけが書かれているのだが、唯一、イギリス在住の外国人ジャーナリストによって書かれたM3だけは違っていたのだ。

BMWの巨大グリル問題に思う、自動車メディアのあるべき姿とは? の画像6
新型M3

 その高性能ぶりはしっかり書かれている一方で、巨大グリルについては「ビーバーの前歯のよう」とし、全体のデザインも煩雑と、スタイルについてもちゃんと言及している。さらに、全方位的に高性能化したことで、かつてのMのドライブフィールが失われつつある、とも。

 この記事を読んで感じたのは、とにかく内容がフェアでフラットであること。書かれるべきことが、ごく普通に書いてある。だから、読んでいていろいろなことがストンと腑に落ち、ストレスがないのだ。

 つまり、「ビーバーの前歯」は特段悪意を持って書かれたのではなく、このフロントフェイスを見れば普通にそう感じるのであって、それをそのまま表現したにすぎない。しかし、そもそも話題になっている案件なワケだから、読者的にも納得感がある。

読者に信頼される正直でフェアな記事

 では、忖度のないこの記事が新しいM3の販売に悪影響を与えるのかといえば、たぶんそうはならないだろう。スタイリングには個人の好き嫌いが入り込める余地があるわけで、気にならない人はスルーするだけだ。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合