NEW

コロナ感染爆発、五輪との因果関係を頑なに否定する小池都知事が示す“エビデンス”の空疎さ

文=明石昇二郎/ルポライター
コロナ感染爆発、五輪との因果関係を頑なに否定する小池都知事が示す“エビデンス”の空疎さの画像1
東京都の公式HPより

安倍晋三流「日本モデル」の終焉

 昨年(2020年)5月25日、安倍晋三首相(当時)は夕方の記者会見で、日本国内における新型コロナウイルス感染症の流行をほぼ封じ込めることに成功したとして、次のように高らかに宣言した。

「日本ならではのやり方で、わずか1か月半で、今回の流行をほぼ収束させることができました。正に、日本モデルの力を示したと思います」

 この時の日本では、1日当たりの新規感染者数は全国で50人を下回り、新型コロナウイルスに感染して入院していた患者の数も2000人を下回っていた。それから1年3か月が過ぎた今年(2021年)8月14日、1日当たりの新規感染者数は全国で2万151人にのぼり、同日発表の死者数は17人。人工呼吸器や集中治療室などで治療中の重症者は同日の時点で1521人となった。文字どおりの「感染爆発」状態にある。今こそ「日本モデル」の力を発揮してほしいところなのだが、「日本モデル」は今、一体どこで何をしているのか。

 そもそも、一国の首相が堂々と口にしていた「日本モデル」とは、どんなモノや状態を指す言葉だったのか。「全国一斉休校」や「アベノマスク」のことなのか。それとも、昨年の春から夏にかけて猛威を振るい、飲食店やパチンコ店、帰省客等に対し暴力的に活動の自粛を強要していた「自粛警察」のことなのか。あるいは、それ以外のモノなのか。それとも何のエビデンス(根拠・証拠)もなく、たまたま運がよかっただけの話なのか。

 もし「日本モデル」の正体や効能、そして期待できる効果などを科学的に解明できていれば、現在の感染爆発も立ちどころに収束することができるのかもしれない。だが、その正体が解明されたとの報は、いまだ耳にしていない。

 しかし、今となっては神がかりであろうと精神論であろうと、感染爆発が収まるのなら何でもいい。安倍氏が誇らしげに語っていた「日本モデルの力」を、一体何が、そして誰が削いでしまったのか。

テレビ視聴率の上昇が、東京五輪「無罪説」のエビデンス?

 以前にも本サイトで書いたことがあるのだが、新型コロナウイルスの感染が拡大する最も大きな要因は、人々の「移動」と「接触」(あるいは接近)である。それが感染症というものの特徴であり、つまり人々が「移動」や「接触」をやめれば感染拡大は収まるし、「移動」や「接触」を控えれば感染拡大も控えめになる。これこそが感染症対策を考える上でのイロハである。

 新型コロナウイルスが日本に上陸してから1年以上が過ぎ、このイロハがすでに世間の常識となっている現在、昨今の感染爆発の最大要因は「東京五輪」にあるのではないか――ということに、皆、薄々感づいている。五輪の開幕前と閉幕後では、新規感染者数や医療現場の逼迫度に雲泥の差があるのだから、不思議なことでも謎でもなんでもない。ようするに感染爆発は、東京五輪が引き起こした強烈な副作用――副反応としてもいいが――というわけである。

 同五輪が開催された東京都内だけを見ても、8月14日現在、新規感染者数は5094人にのぼり、感染して発症しても入院できない「自宅療養者」(と政府やマスコミが呼ぶ「自宅隔離措置」下の人々)の数は2万1729人にも達し、減少に転ずる兆しは一向に見られない。ここにきて、筆者の知人や友人が新型コロナに感染したとの報告が、SNSを通じて続々と届き始めてもいる。

 しかし「五輪強行開催」を主導した首相や都知事をはじめとした日本の政治家たちは、「東京五輪」のせいにされることを頑ななまでに拒んでいる。例えば小池百合子都知事は8月13日、前日に開かれた都のモニタリング会議の席上、国立国際医療研究センターの大曲貴夫・国際感染症センター長が「競技場の周辺や沿道に多くの人が集まり応援する姿が見られた」との事実を挙げたことに対し、大曲氏の面前で次のように反論している。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合