NEW
石徹白未亜「ネット依存社会の実態」

マッチングアプリ「Pairs」が1年で利用者倍増…20~30代男性に人気の“出会い系”トップ3

構成=石徹白未亜/ライター
【この記事のキーワード】

, , , ,

マッチングアプリ「Pairs」が1年で利用者倍増…20~30代男性に人気の出会い系トップ3の画像1
Pairs(ペアーズ) – 恋活・婚活マッチングアプリ」より

 コロナ禍の今、どのようなアプリが使われているのか。「アプリの利用率」をモニターの利用動向から調べるサービス「App Ape」を提供しているフラーは、「モバイルマーケット白書 2020」を発表している。2020年は新型コロナに翻弄された1年とも言えるが、そのような環境下でどのようなアプリが伸びているのか? 同社のオウンドメディア「App Ape Lab」編集長の日影耕造氏に聞いた。

20~30代男性に人気のマッチングアプリとは

――「モバイルマーケット白書 2020(以下、白書)」では、10代から50代以上までの男女それぞれで「ほかの世代よりMAU(Monthly Active User:月に一度以上該当アプリを起動したユーザー)で多く使われているアプリ」を調査した項目がありますが、見事にライフスタイルが反映されていましたね。

日影耕造氏(以下、日影) はい。10代男女は「Studyplus」「Google Classroom」といった「学習系」が、この1年で大きく伸びました。これはリモート授業のために学校側で導入しているケースが多いのと、文部科学省が進めている教育のICT化を進めるGIGAスクール構想もあって、政策や社会情勢とのリンクで急増したといえます。

――その一方、20代、30代男性のトップは「出会い系」でした。20代女性は「ホットペッパービューティー」などの「美容系」、30代女性は子どもの写真を共有する「家族アルバム みてね」などの「育児系」であることを見ると、20~30代男性、なかなかお盛んです。なお、20代男性が使っているマッチングアプリのトップ3は上から「Pairs」「with」「タップル」、30代男性は「Pairs」「ハッピーメール」「Omiai」と、若干の違いが見られました。

日影 Pairsは、2020年4月からの1年間でユーザー数をほぼ倍増させています。20~30代男性はそもそも出会いを求める世代ではありますが、コロナにより対面で大人数が集まる合コンのような、それまでの出会いの場を設けづらくなった、という社会的な情勢もありますよね。デジタルでの出会いの重要性が、コロナ以前より高まってきています。

 また、私自身は正直、いわゆる「出会い系」に対しては怪しい印象もありますが、そういった印象を抱かない世代がマッチングアプリを使い出した、というのも大きいでしょう。

マッチングアプリ「Pairs」が1年で利用者倍増…20~30代男性に人気の出会い系トップ3の画像2

――印象が変わった、というより、そもそもその印象を知らない世代が台頭してきた、ということなのですね。

日影 はい。アプリを利用することでお互いの趣味がわかったり、AIの相性診断ができていいじゃない、というような肯定的な見方をする人は、世代が下がるにつれて増えているのではないでしょうか。もちろん、ある程度注意しながら利用している層もいると思いますが、マッチングアプリをどう捉えるかという価値観のグラデーションは、20~30代男性の中でもありそうですね。

『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』 時間がない! お金がない! 余裕もない!――すべての元凶はネットかもしれません。 amazon_associate_logo.jpg
『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。 会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術』 「使えそうにないな」という烙印をおされるのも、「なんだかできそうな奴だ」と好印象を与えられるのも、すべてはスーツ次第! amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合