NEW
木村誠「20年代、大学新時代」

山形の慶應大学“先端研”に全国の大学関係者が注目する理由…「大学が地方創生」の成功例に

文=木村誠/教育ジャーナリスト
山形の慶應大学先端研に全国の大学関係者が注目する理由…「大学が地方創生」の成功例にの画像1
慶應義塾大学先端生命科学研究所」より

 安倍政権の看板政策だった地方創生。しかし、思うような成果は出ず、東京と地方の地域格差は広がるばかり。文部科学省は東京(首都圏)の私立大学の定員抑制策で若者の東京一極集中の流れを少しでも変えようと試み、同時に地方大学を主役とするCOC+(地<知>の拠点大学による地方創生推進事業)を実施した。多くの大学が応募して選定された各COC+事業について、事業開始6年後の2020年に最終的な評価が出た。

 このCOC+の評価ランクは4段階あって、S(優れている)が最高で、A(妥当である)→B(やや不十分である)→C(不十分である)と評価が下がる。最終評価で、Sが12大学、Aが23大学、Bが7大学で、さすがにCはなかった。申請の中から選定された取り組みであるから、当然であろう。

 有力国立大の多くはAランクかBランクで、目標を十分に達成した優れた成果とは言い難いという結果であった。最高評価のSランクに、私大2校(東北学院大学と共愛学園前橋国際大学)が入った。

 もともと、東京一極集中は、資金とチャンスのある都会に人が流れる資本主義の必然的法則のようなもので、大学政策だけでどうにかなるものではない、という批判はあった。しかし、その法則のままに任せていては、地方消滅という事態は避けられない。そこで、地方の大学教育を改革して学生の就業力を高め、インターンシップなどで地元企業との連携を深めて、雇用を生み出す試みが続けられているわけだ。

 その一つ、地域連携プラットフォームなどの構築促進に向けたシンポジウム 「大学の力を活用した地方創生に向けて」が、7 月13 日にオンラインで開かれた。先進的な取り組みを進める大学などの事例を発表することで、その目的と成果などを参加者と共有し、大学と地域の連携促進を目指すものである。

東北に生まれた慶應の「先端研」とは

 日本海に接する城下町の山形県鶴岡市。その郊外に慶應義塾大学先端生命科学研究所(先端研)が開設されたのは2001年、20年前のことである。母体であるSFC(慶應・湘南藤沢キャンパス)は「湘南」といっても海から3キロも離れた田園地帯なので、田んぼが広がる鶴岡市郊外にサテライトキャンパスをつくることに、あまり違和感はなかったのかもしれない。そのサテライトキャンパスが、今や地方創生のサクセスストーリーの主役として、全国の大学関係者の注目を集めているのだ。

 20年前はバイオサイエンスといっても日本ではまだまだ草創期だった。先端研の冨田勝所長はSFCから派遣されたたった一人の教授で、他の研究スタッフは新規雇用者ばかりであった。それが、かえってよかったのかもしれない。進取の精神に富み、自由な学風が育まれた。次々と国際的な研究誌に論文が載り、その成果もあってベンチャー企業が続出した。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合