NEW

犬を飼い始めてから“失敗した…”とならないための超基本知識…犬の選び方、躾、病気予防

文=前川ミチコ/フリーライター
【この記事のキーワード】

, ,

犬を飼い始めてから“失敗した…”とならないための超基本知識…犬の選び方、躾、病気予防の画像1
「Getty Images」より

 コロナ禍で生活に癒やしを求め、犬を飼い始める人が増えています。「全国犬猫飼育実態調査」(一般社団法人ペットフード協会)の2020年10月の調査では、新たに犬を迎えた人が前年より14%増。一方、飼ってみたら思ったより大変だったと飼育放棄する人がいるといった問題も。ここでは、初めて犬を飼う人の最初のつまずきを防ぎ、パートナーとの豊かな暮らしを共に楽しめるよう、犬の飼い方・育て方の基本を解説します。

互いの幸せにつなげる犬選び

 犬は嗅覚・聴覚に優れた動物。知能は人間の2歳半程度、足が速く持久力もあるなど、さまざまな特徴がありますが、年齢や犬種などによる個体差もあります。飼い主との相性や住環境なども考えて、より適した犬を選ぶことがお互いの幸せにつながります。見た目の好みだけでなく、次のような観点からも考えましょう。

(1)飼い主の体力

 どんな犬も、病気や怪我をしていないかぎり毎日の散歩は欠かせません。大型犬だけでなく、小型犬でも多くの運動量を必要とする犬種があり、ボールなどを使った運動も好むので、飼い主にも体力が求められます。

(2)ライフスタイル

 犬種にかかわらず、子犬はいたずらが大好き。誤食などから愛犬や大事な家財道具を守るため、子犬のうちはなるべく留守番をさせないほうが望ましいといえます。落ち着いた成犬を迎えるという選択肢もあります。

(3)住まいの環境

 マンションなどでは飼育できる犬のサイズや頭数などに制限があるケースも。また、階段の上り下りの多い家は、足の短い犬種や超小型犬にとって負担となることもあります。

(4)掃除・お手入れ

 一般的に長毛種のほうが抜け毛の掃除やブラッシングに時間がかかることも。なかには定期的なカットを必要とする犬種もあり、プロに頼むと1回数千円〜かかります。

(5)子犬か、成犬か

 子犬には子犬ならではのかわいい時期がありますが、どの子も1年で成犬になります。成犬のほうが性格やサイズなどがわかった上で飼えるというメリットもあります。

(6)どこから迎えるか

 知人や行政の保護施設、動物愛護団体から譲り受ける、またはブリーダーやペットショップから購入する方法があります。なお、生後3〜12週齢の社会化期に親や兄弟犬などとの関係を通して社会性を身につけた犬は、問題行動を起こしにくいといわれます。

叱らない・できたときに褒める

 しつけは犬が人間社会で生きていくうえで必要なもの。お互いに快適に暮らせるようになるために、飼い主の言うことをきける犬に育てましょう。子犬のほうがしつけをしやすいと言われることもありますが、個体差が大きく、成犬になってからでもしつけは可能です。

 トイレのしつけは、犬を迎えたその日からスタート。トイレの場所は生活空間から少し離れたところに設け、最初は誘導し、徐々に自分で行けるように習慣をつけてあげましょう。アイコンタクトは、犬との絆を深めるために一番大切なこと。名前を呼んだとき、飼い主の目を見ることができたら全力で褒めます。これができるようになると、他のしつけもしやすくなります。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合