NEW

10月の超PayPay祭、かつてない規模に?手数料有料化で加盟店の離脱阻止に必死

取材・文=清談社
【この記事のキーワード】

, ,

10月の超PayPay祭、かつてない規模に?手数料有料化で加盟店の離脱阻止に必死の画像1
PayPayのサイトより

 いまや多くの人が利用しているQRコード決済。一時期はさまざまなサービスが乱立し、過酷な生存競争が勃発していたが、現在は登録者数4100万人、加盟店340万カ所を誇るPayPayが覇権を握り、次のフェーズに移った感もある。PayPayがこれほどまでのシェアを獲得したのは、ユーザー向けの大型キャンペーンの乱発もあるが、今年9月まで加盟店の決済手数料が無料だったことも大きい。

 PayPayは同社と直接契約しているMPM方式(店舗にあるQRコードをユーザーがアプリで読み取る方式)の個人店に対して決済手数料を無料にしていたが、10月から有料化となる。そのため、負担が大きくなる小規模店舗の一部ではPayPayの扱いを終了するところも相次いでいると騒がれている。

 それでは、今回の手数料有料化は加盟店や消費者にどんな影響をもたらすのだろうか。

「PayPayマイストア ライトプラン」による変化

 PayPayの手数料有料化にならうように、他の主なQR事業者も10月から一律で有料化にする。各社の手数料は次の通りだ(一部事業者は1年間新規加盟店の手数料を無料にするなどの措置がある)。

・PayPay 1.6%/1.98%

・LINE Pay 1.98%

・d払い、au PAY、メルペイ 2.6%

・楽天Pay 3.24%

 これらの数字は一般的なクレジットカードの手数料(2.5〜3.75%)よりも安く設定されてはいるが、やはり売り上げの1〜3%ほどを取られる加盟店の負担は少なくない。

 ただ、今年10月からの有料化は以前からすでにアナウンスされており、加盟店や消費者にとっても寝耳に水というわけではなく、想定済みではあった。

 そもそも今までの無料措置によって、事業者側は莫大な赤字を垂れ流している。例えばPayPayのここ3年の最終赤字累計額は1931億円で、同期間の売上高397億円に比べるとその数字は約5倍。いわゆる「市場獲得のための先行投資」であり、今後は手数料の有料化なしでは事業の存続は厳しいといえるだろう。

 予想される加盟店の離脱を防ごうとするPayPayは基本手数料1.98%に対し、条件付きで1.6%に下げる施策を打ち出した。それが「PayPayマイストア ライトプラン」という月額1980円の有料プラン。PayPayでは「PayPayマイストア」という店舗情報やキャンペーンをユーザーに告知できる加盟店向けのサービスがあるのだが、今回のライトプランは、それへの加入をすすめるものだ。

 このライトプランを契約した加盟店は決済手数料が1.6%に減額されるだけでなく、いまなら最大6カ月間は売上の3%が還元されるなどのキャンペーンも実施しており、加盟店の離脱を食い止めようと必死な様子が伺える。ただし、このライトプランの金額1980円は月50万円以上の決済がなければ相殺しない計算になるため、店舗によっては加入しないで離脱するという選択肢も大いにある。

 とはいえ、PayPayは今後もマイストアのサービス拡大をうたっており、加盟店がライトプランを契約することで新規顧客の開拓や集客につながる可能性も高い。消費者にとっても加盟店が多ければ馴染みの店の情報やクーポンがキャッチしやすくなるなど、双方にメリットが生じることも考えられる。

RANKING
  • マネー
  • ビジネス
  • 総合