NEW

渋沢栄一の起業仲間たち…ホテルオークラ創業者の父、セメント王・浅野総一郎、西園寺公成

文=菊地浩之
【この記事のキーワード】,
渋沢栄一の起業仲間たち…ホテルオークラ創業者の父、セメント王・浅野総一郎、西園寺公成の画像1
12月26日に最終回を迎える、NHK大河ドラマ『青天を衝け』。登場人物の衣装も、和装から洋装へと変化し、吉沢亮演じる渋沢栄一も断髪、ツヤッツヤの七三分けに。七三分けにしても美しい吉沢亮……眼福です。(画像は同番組公式サイトより)

『青天を衝け』で総動員された、渋沢栄一の“ゆかいな仲間たち”のご婦人たち

 NHK大河ドラマ『青天を衝け』第34回(11月7日放送)では、来日する前アメリカ大統領一家の接待のため、政財界のご婦人たちが総動員された。

・渋沢栄一(演:吉沢亮)夫人  千代(演:橋本愛)
・渋沢喜作(演:高良健吾)夫人 よし(演:成海璃子)
・大隈重信(演:大倉孝二)夫人 綾子(演:朝倉あき)
・井上 馨(演:福士誠治)夫人 武子(演:愛希れいか)
・益田 孝(演:安井順平)夫人 栄子(演:呉城久美)
・大倉喜八郎 夫人       徳子(演:菅野莉央)

 奥サマ同士を引き合わせるくらいだから、当然、ダンナさんたちも仲が良かった(岩崎弥太郎夫人がいないことが象徴的だ)。

多くの他者と協業で起業しまくった渋沢栄一、なんと29社で取締役を務める

『企業家ネットワークの形成と展開』(2009年、名古屋大学出版会)という書籍によれば、明治31(1898)年当時、もっとも多くの企業で役員に選ばれていたのは、渋沢栄一だという。その数、29社。取締役といえば、当該企業に常勤しその企業のためだけに仕事をしているイメージがあるが、1日1社に出向いても1カ月のスケジュールが埋まってしまう。栄一が務めた取締役は、われわれからすれば相談役みたいなイメージだろう。

 なお、その主な企業は下記の通りで、そのほとんどは栄一が設立にかかわっている。

・第一銀行    (現・みずほ銀行)
・日本鉄道    (現・JR東日本)
・東京海上保険  (現・東京海上日動火災保険)
・帝国ホテル
・東京瓦斯    (東京ガス)
・王子製紙    (現・王子ホールディングス)
・東京石川島造船所(現・IHI)
・札幌麦酒    (現・サッポロビール/サッポロホールディングス)

 しかしこれらの企業は、栄一がひとりで創りあげたものではない。いわゆる「合本」(がっぽん)で出資者を募ったり、他者から設立を持ちかけられたり、多くの関係者との協業で創りあげたものだ。

 その結果、栄一と仲のよい企業家たちは、栄一と一緒にその企業の役員を務めている。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合