NEW

『進撃』人種差別的グッズ、なぜ発売?製作委員会の責任、アニメ海外進出のリスク

文=編集部
『進撃』人種差別的グッズ、なぜ発売?製作委員会の責任、アニメ海外進出のリスクの画像1
『「進撃の巨人」The Final Season』公式サイトより

 アニメ『「進撃の巨人」The Final Season』の製作委員会は15日、『「進撃の巨人」製作委員会よりお知らせ』と題する謝罪文を公表した。14日に受注を開始したグッズ「マーレの腕章」について、「人種差別、民族差別の象徴として描かれたものを安易に商品化したことは配慮を欠いた行為であった」と謝罪し、販売を中止することにしたのだ。原文は以下の通りだ。

<11月14日に受注を開始した「マーレの腕章」につきまして

 当該商品は、作中に登場するキャラクターの衣装を再現した商品として制作いたしました。しかし、作中で人種差別、民族差別の象徴として描かれたものを安易に商品化したことは配慮を欠いた行為であったと認識しております。

 大変申し訳ありませんでした。

 「進撃の巨人」製作委員会は、いかなる差別も認めるつもりはございません。

 つきましては、本日11月15日、当該商品の受注・販売を中止することにいたしました。

  すでに商品をお申し込みされた皆様、ならびに「進撃の巨人」ファンの皆様にも深くお詫び申し上げます。

 今後は同じことの無いよう、より一層気を引き締めて運営を行って参ります。

2021年11月15日

「進撃の巨人」The Final Season製作委員会>(原文ママ)

ナチスのユダヤ人迫害を肯定するかのような商品

 グッズ紹介サイトでは、この腕章を「『悪魔』であるエルディア人と他人種を区別するために設けられた腕章」と説明していた。

 商品説明からもにじみ出ているが、「マーレの腕章」はナチスドイツがユダヤ人に対して行った差別的な政策を彷彿とさせるシーン(編集部注:ユダヤ人に対して『ダビデの星』が記された腕章を付けることを強制し、迫害した)で使われていたこともあり、Twitter上では海外のファンなどから以下のように「ユダヤ人コミュニティや、ナチス政権によって傷つけられ、悪影響を受けた他のすべてのコミュニティや人々にとって鈍感だ」などと批判の声が上がっていた。

「Of all the ideas you could have used for pieces of merchandise, this is probably the worst I could imagine.」

「This is insanely inappropriate and insensitive to the Jewish community and every other community/people that were hurt and negatively impacted by the nazi regime. Please please do not sell this as merchandise. I promise people are gonna watch,we don’t need this.」

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合