NEW

観光庁「温泉むすめ」、性搾取的な内容に批判殺到…温泉事業者に損害の懸念

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
観光庁「温泉むすめ」、性搾取的な内容に批判殺到…温泉事業者に損害の懸念の画像1
「温泉むすめ」公式サイトより

 日本全国の温泉地を擬人化して美少女キャラ化した「温泉むすめ」がインターネット上で物議を醸している。一部のTwitterユーザーらが、各キャラクターの設定に関して「性差別で性搾取」などと批判し、大きな議論になっている。

「温泉むすめ」は観光庁後援の地域活性化応援プロジェクト。47都道府県と台湾を合わせ122人のキャラクターが発表されていて、それぞれ各温泉地の特色や歴史、風物などを反映したキャラクターが設定されている。

 有名声優を起用したアニメーションや、楽曲のリリースなど幅広い展開を見せており、2020年には、政府観光局が推進する訪日誘客キャンペーン『Your Japan 2020』でポケモンやハロー・キティとともに日本を代表するコンテンツにも選出された。運営会社のエンバウンドは内閣府のクールジャパン企業にも選出されている。

 なお各キャラクターのうち有馬温泉(兵庫県・神戸市)、道後温泉(愛媛県・松山市)、湯村温泉(兵庫県・新温泉町)、南紀勝浦温泉(和歌山県・那智勝浦町)、飯坂温泉(福島県・福島市)、小野川温泉(山形県・米沢市)、鳥羽温泉郷(三重県・鳥羽市)、松島温泉(宮城県・松島町)、層雲峡温泉(北海道・上川町)、台湾(新竹県)は各地の観光大使および温泉大使に任命されているのだという。

「スカートめくりキャラ」「夜這いを期待」

 発端は10代女性の自立支援等を行っている一般社団法人Colabo代表の仁藤夢乃氏が15日、以下のようにTwitter上で投稿したことだった。

<出張先で「温泉むすめ」のパネルを見て、なんでこんなものを置いているの😩💢と思って調べたらひどい。スカートめくりキャラ、夜這いを期待、肉感がありセクシー、ワインを飲む中学生、「癒しの看護」キャラ、セクシーな「大人の女性」に憧れる中学生など。性差別で性搾取。>(原文ママ)

 この投稿が呼び水となり、批判が殺到。同プロジェクトの後援企業に関しても以下のように不買を呼び掛ける投稿も出始めている。

「温泉むすめのサポーターがまあ錚々たる大企業がズラリと並んでるわけだけど、ここに名を連ねてる企業は性差別や性加害を問題であると認識しない企業であると認識しました。なるべく利用しないようにしたいと思います」

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合