NEW
西山美紀「貯蓄スキルの高め方」

「ねんきん定期便」が届いたらすぐにやりたい、たった一つのこととは?

文=西山美紀/マネーコラムニスト
【この記事のキーワード】, ,
年金手帳(「gettyimages」より)
「gettyimages」より

 年に1回届く「ねんきん定期便」、どのようにしていますか?「どうしたらいいかわからずに放置」「何を見たらよいかわからず、捨てている」「大事な書類セットに入れているけれど、そのまま」という方も多いかもしれません。

 誰も何も教えてくれない、「ねんきん定期便」が届いたらどうしたらよいのか問題。今回は、届いたらぜひ行いたい「たった一つのこと」についてお伝えします。

「50歳未満」か「50歳以上」かで金額の意味が変わる

 ねんきん定期便は、毎年自分の誕生月に届きます。基本的には「ハガキ」ですが、35歳、45歳、59歳の人は「封書」で届きます。

 ハガキには、これまでの年金加入期間や加入実績に応じた年金額(将来受け取れる予定の年金額)が書いてあります。「年金保険料を納めたはずなのに、加入期間としてカウントされていなかった」というニュースを見た方もいるでしょう。「自分は大丈夫だろう」と思わずに、間違いがないかを念のため確認しておきましょう。

 記載されている年金額は、50歳を境にして、意味が変わります。「50歳未満」の場合は、これまで納めた保険料に応じた年金額が書かれているため、今後働いて保険料を納めていけば、受け取れる年金額の数字はどんどん増えていきます。

「50歳以上」の場合は、このまま同じように働き続けて、保険料を納めた場合に、将来受け取れる年金の見込み額です。もし今後収入が減ったりして納める保険料が減れば、将来受け取る年金は、この金額から減ることになります(逆に収入が増えて納める保険料が増えれば、受け取る年金が増えることになります)。

届いたら「3カ月以内にぜひやりたいこと」とは?

 そして、「ねんきん定期便」が届いたら、もうワンアクション! 実は3カ月以内にやっておきたいことが一つあります。

 それは、「ねんきんネット」にアクセスすること。「ねんきんネット」は「日本年金機構」のサイトからアクセスできるもので、より詳しい年金情報を確認できる優れものです。

 アクセスする際には、ねんきん定期便に書いてあるアクセスキーというパスワードを使います。この有効期限が3カ月しかないので、なるべく早く行いましょう。

 年金手帳(基礎年金番号がわかるもの)を出して、ねんきん定期便のアクセスキーを入れて手続きすれば、数分で見られるようになります。

「ねんきんネット」にアクセスすると、思った以上に詳しい情報が見られます。たとえば、今後「収入が上がった場合」「収入が下がった場合」などと自分のシチュエーションに合わせて、将来受け取れる年金額の試算もできます。さらに、年金の受け取り時期を遅らせた場合はどれくらい増えるのか、逆に、早めに受け取った場合はどれくらい減るのか、といった具体的な金額もチェックできます。

 将来をいろいろイメージしながら、数値を入れて確認するとおもしろいです。「老後にどれくらい年金を受け取れるのか不安」という方こそ、ぜひ試してみましょう。具体的な金額が見えてくると、安心できるはずです。

『お金の増やし方』 「乗り換えるだけ」「制度を利用するだけ」「ほったらかすだけ」の3つのアクションで 超初心者でもしっかりお金が増やせます! amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合