NEW

テレ東、2021年に飛躍した女子アナ5人!硬軟幅広く活躍する才媛ばかり!

文=上杉純也/フリーライター
【この記事のキーワード】, ,
テレ東、2021年に飛躍した女子アナ
森香澄のインスタグラムより

 2021年に活躍した女子アナを民放キー局ごとにベスト5のランキングで紹介するこの企画。今回はテレビ東京編である。果たして、どんな顔ぶれが並ぶのか。

 まずは第5位からの発表だ。2019年入社、若手のホープ・田中瞳アナ(25)である。彼女の凄いところは、硬派なニュース番組とゴリゴリのバラエティをきちんと両立させているところだ。

 言うまでもなく前者は『ワールドビジネスサテライト(WBS)』であり、後者は『モヤモヤさまぁ~ず2(モヤさま)』である。『WBS』では月・火・金のフィールドキャスターを務めているが、そのアイドル系のルックスが報道には不向きかと思いきや、落ち着いた雰囲気を醸し出すことでカバーに成功。逆に『モヤさま』では、さまぁ~ずの2人に対し娘のように接して独特なゆるい空気をつくり出している。街ブラの途中で見つけたアクティビティ系の施設でも、臆することなく身体を張る姿も相変わらすで好感が持てる。

 また『モヤさま』は、この秋の改編でスピンオフ番組『あさモヤさまぁ~ず2』もスタート。忙しさにますます拍車がかかることになった。テレ東の“将来のエース”の期待がかかるだけに、くれぐれも身体に無理せぬよう頑張ってほしいところだ。

 続く第4位は片淵茜アナ(28)である。なんといっても、局を代表する人気バラエティ『出没! アド街ック天国』の秘書(アシスタント)の座を産休中の先輩・須黒清華アナ(37)から引き継いだ点が大きい。MCの井ノ原快彦(45)との呼吸も1年を通してバッチリで、すでに名コンビといってもいい。彼女は『開運! なんでも鑑定団』でもアシスタントを務めているが、ここでも今田耕司(55)と福澤朗(58)というMC2人の会話を邪魔することなく、自然な流れですっと入っていく姿が実に印象的。局の看板長寿番組2本で起用されるのも納得できる。

 さらに、朝の経済報道番組『ニュースモーニングサテライト』の月~水サブキャスターに、『FOOT×BRAIN』のサブMCも交代制で担当。バラエティ中心ながら、他ジャンルもしっかりこなせる実力派ぶりを発揮している。その見た目から可憐な印象があるが、実は“度胸があって、肝が据わっている”のが何よりの魅力。ハートの強さで、さらにこれからも活躍していくことだろう。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合