NEW

『鎌倉殿の13人』小栗旬の「北条氏」の正体…平氏の子孫の真偽、本当は伊豆の小領主?

文=菊地浩之(経営史学者・系図研究家)
【この記事のキーワード】, ,
『鎌倉殿の13人』小栗旬の「北条氏」の正体…平氏の子孫の真偽、本当は伊豆の小領主?の画像1
NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』がいよいよスタート! ところで源氏の将軍はなぜ3代で途絶えたの? 北条氏って何? みんな答えられる? (画像は同番組公式サイトより)

結局、「北条氏」ってなんなんだっけ?

 1月9日に第1話が放送される2022年のNHK大河ドラマは、『鎌倉殿の13人』。鎌倉殿こと源頼朝(演:大泉洋)を巡る13人を描くドラマで、主人公は鎌倉幕府の2代目執権・北条義時(ほうじょう・よしとき/演:小栗旬)、三谷幸喜が脚本を務めることでも話題だ。

 そこでここでは、「北条氏ってなんだっけ?」の復習をしてみたい。

 こういう時はウィキペディアが便利なのだが――電子媒体の長所でもあり短所でもあるのだが――とにかく長い。そこで、角川書店(現・KADOKAWA)発行の『日本史辞典』(1966年)の一文を転記しておこう。同書では「北条氏」の項に、①鎌倉の北条氏と②小田原の北条氏を載せ、前者について以下のように記している(一部漢字化した)。

 桓武平氏の分流。貞盛の子孫時家が伊豆介になり、伊豆北条に住み北条氏を称した。時政の代、源頼朝の舅として幕府創設に功があり、執権として幕政を掌握した。続いて子義時、孫泰時の代に頼朝創業以来の有力御家人の勢力を次々に倒し、承久の乱などの難局を巧みに処理して幕府権力を確立。源氏の正統が断絶してのちは、いわゆる執権政治をしいて専制体制を整えた。以後一族の名越・江間・赤橋・金沢・大仏・佐介・桜田などの諸家を、連署、六波羅・鎮西探題、評定衆、諸国守護に配し、御家人を続率して1世紀半に及ぶ幕府政治を維持したが、1333(元弘3・正慶2)元弘の乱で滅亡。

「北条氏は平貞盛の子孫」の真偽…“創出”された北条時方・時家の名、本当はただの小領主?

 ひとつずつ解説を加えておこう。

 北条氏は平貞盛(たいらの・さだもり/平安時代中期、10世紀末の武将)の子孫を称している。貞盛の子・平維将(これまさ)の孫に平直方(なおかた)がおり、義時はその子孫だという。ちなみに維将の兄・平維衡(これひら)の子孫に平清盛がいる。

 近年の研究では、平氏でももっと本流(清盛側)に近い人物が、直方の子孫の婿養子になったとする説も出ているが、筆者は平氏の子孫というのはウソ、偽系図だと思っている。

 北条氏の系図には異説もあるが、必ず北条時方・時家が出てくることでは一致している。時方の子に時家がおり、時政(演:坂東彌十郎)はその子か、もしくは弟という関係になっている。北条氏が平直方の子孫を名乗るのは、直方の娘が源頼義に嫁いで、源義家を生んでいるからだ。この構図は、時政の娘・政子(演:小池栄子)が源頼朝に嫁いで頼家(演:金子大地)を生んでいることと符合する。先祖の直方が源氏の外戚だから、北条氏が源氏の外戚になることは必然なんですよ――と言いたいわけだ。そう考えていくと、北条時方・時家という名前が、平直方・源義家から創出された偽名であることがわかる。つまり北条時政は、父の名前も不確かな小領主だったといえよう。

『鎌倉殿の13人』小栗旬の「北条氏」の正体…平氏の子孫の真偽、本当は伊豆の小領主?の画像1
北条氏は「平貞盛の子孫」を自称しており、貞盛に連なる平直方の子孫が平時家(北条時家)なのである、ということになっているのだが……。しかし第1代執権・北条時政、その子の第2代執権・北条義時へと連なる北条時方→時家という名は、平直方や源義家から創出された“偽名”ではないのか?
RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合