NEW

家賃が月6000円下がった!一度は断られた値下げ交渉、大逆転までの実録

文=日向咲嗣/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
家賃が月6000円下がった!一度は断られた値下げ交渉、大逆転までの実録の画像1
いま住んでいるマンションの家賃が下がるかも(「Getty Images」より)

「不動産情報サイトに、うちより家賃が6000円も安く出ていたんです」

 そう話すのは、関西地方に住むKさん(30代女性・仮名)。その募集が、いま住んでいるマンションの同じ階の別部屋とくれば、もう黙ってはいられない。

「スマートフォンの機種変更感覚で、家賃値下げ交渉をしてみたんです」と言うが、そう簡単に問屋がおろさなかった。ガチガチに理論武装して、地元の簡易裁判所に調停の申立てまで行ったところ、意外な結末が待ち受けていたのだった。

 引っ越しシーズンに突入しつつあるが、このタイミングで契約更新するかどうか迷って入る人のために、今回は家賃値下げ交渉の舞台裏を紹介しよう。

「現在、12年間お世話になったマンションに6度目の更新のタイミングで家賃交渉をしています。理由は現在支払っている家賃より不動産情報サイトで募集している同一マンションの同一階で、同じ間取・面積の部屋が6000円も安く出ていたからです」

 Kさんから、そんな書き出しで始まるメールをもらったのは、昨年2月下旬のこと。コロナ禍で引っ越し需要が減退するなか、家賃を下げる絶好のチャンスといえる時期。

 拙著『家賃は今すぐ下げられる!』(三五館シンシャ)を参考にして交渉に臨んだとのことだったが、なぜかその文面からは、交渉を始めたことを後悔するかのような不安が綴られていたのだった。

家賃4万5000円、同一の部屋が3万9000円で入居者募集

 まず、Kさんのケースの基本情報を整理しておこう。

 彼女が住んでいるのは、地上5階建、総戸数40戸のマンション。築年数は16年というから、まだ老朽化や耐震性の不安はない。その中層階に広さ約30平米の1DKを家賃4万5000円で借りているそうだが、家賃とは別に共益費が5000円かかるため、支払額は月5万円となる。

 交渉時の居住年数は12年で、過去5回契約を更新。とすれば、入居した当時は、築浅物件としては安い家賃だったかもしれないが、いまもそれが変わらないとは言い切れない。むしろ、近くに駅やショッピングセンターができるなどの利便性が向上する特別な出来事がなければ、築4年から築16年になった分だけ価値は下がっていると考えるべきだろう。

 Kさんの場合、近隣にショッピングセンターできるどころか、数年前まであったそれが撤退したばかりというから、価値の下落は加速している。

『家賃は今すぐ下げられる!』 3つの行動原則を取ることによって、最終的にめざす究極のゴールは「住居費をいまの半額にすること」である。 もし、来月から月に2万円住居費が安くなったら、自分の生活がどれくらい楽しく変化するかをイメージしてみてほしい。 amazon_associate_logo.jpg

RANKING

17:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合