NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

五月病対策にはクラシックが最適…ベートーヴェンの交響曲に驚くべき癒やし効果

文=篠崎靖男/指揮者、桐朋学園大学音楽学部非常勤講師
【この記事のキーワード】, ,
五月病対策にはクラシックが最適
ベートーヴェンの交響曲に癒やし効果(「Getty Images」より)

 新年度が始まり、早くも1カ月。そろそろ、「五月病」の話題が出てくると思います。

 ある医師会のサイトを見ると、「入学、就職で新たな生活がスタートし、慣れないことも多く知らず知らずのうちに無理をしてしまい、ストレスをため込んだり、新しい環境が合っていないことで適応障害を起こしてしまって、1カ月を過ぎて五月になると、身体のだるい、疲れやすい、意欲が低下する、物事を悲観的に考える、よく眠れない、食欲がわかないという心身の症状が現われることが五月病」となっています。正式な医学用語ではないそうですが、悪化すると本格的なうつ病に移行してしまうこともあるので注意が必要だそうです。

 ところで、日本の祝祭日は実にうまくできています。それは五月病が発症する時期に、ちょうど大型連休、いわゆるゴールデンウィークがやってくるからです。実家に帰って高校時代の同級生に会ってみたり、会社で新しくできた友人とハイキングをしてみたり、一休憩できるのではないでしょうか。

 とはいえ、なかには出かけることができない方もいらっしゃるでしょう。そんな方におすすめの曲は、ベートーヴェンの交響曲第6番『田園』(田園交響曲)です。ベートーヴェンといえば、「ジャジャジャジャーン」で有名な交響曲第5番『運命』(運命交響曲)のような深刻な音楽をつくったイメージがあると思いますが、実は癒やし系の音楽もたくさん作曲しています。僕も大好きな歌曲に、「僕はあなたを愛しているよ。あなたが僕を愛しているように」という歌詞に付けた、チャーミングな曲もあるのです。

ベートーヴェンの田園交響曲は“癒やしの曲”

 田園交響曲も、その名のとおり、平和で穏やかな田園風景を見るような雰囲気に満ちています。実はこの曲について、不思議に思っていたことがあります。それは、第1楽章が始まると、すぐに気持ちもリラックスしてくることです。

 もちろん、ベートーヴェンが天才的な作曲家であることが大前提ですが、調べてみると興味深い理由がありました。それは、人間の安静時の心拍数と関係があるようです。

 人間の心拍数は、常に変化しています。運動時には上がりますし、ストレスを受けても上がります。好きになった相手に告白する際も上がりますし、告白されたほうも急上昇するでしょう。それは、愛の告白であってもストレスだからです。反対に、ストレスの原因がなくなれば、すぐにいつも通りの心拍数に戻るのが正常です。

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合