NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

音大の授業、想像と全然違った…逃げ場ない説教部屋状態、ドラマは取材せず制作?

文=篠﨑靖男/指揮者、桐朋学園大学音楽学部非常勤講師
ドラマの音大の授業シーン、実際とは全然違う
「Getty Images」より

 指揮のレッスンについて、多くの方はイメージすらもわかないかと思います。

 一方、ピアノヴァイオリンのような楽器であれば、容易に想像できるでしょう。たとえば、まず先生から「次はこの曲を練習してきてね」と言われ、次のレッスンまで自宅で一生懸命練習します。そして先生の前で課題を実際に演奏すると、「全然弾けていないじゃない。練習してないでしょう」などと言われたりして、トボトボとレッスン室を後にすることもありますが、「こう弾いたほうが音楽的だよ」「指使いはこうやったほうがいいです」と言いつつ先生自らがお手本の演奏をするというのが、通常のレッスン風景です。

 ちなみに、音楽のレッスンは基本的にマンツーマンです。テレビドラマで、大部屋にピアノ科の学生がたくさん集って先生の前で一人ずつ演奏するといったシーンを見たことがありますが、実際には10畳くらいの防音のために窓も無いような小さな部屋の中にどっしりと座っている先生の目の前で、一人で演奏します。テレビ制作者が音楽大学のレッスンを知らなかったのか、なんとか取材できたのが、著名な外国人特別講師による公開レッスンくらいだったのでしょう。

 マンツーマンは、ただでさえ緊張するにもかかわらず、十分に練習できていない状態でレッスンに出かけていく場合などは、恐怖の時間となるでしょう。レッスン室が、完璧な防音設備で外部に音が漏れることもない、逃げ場のない説教部屋と化すのです。

指揮のレッスン事情

 反対に指揮は、大人数でレッスンを受けることがあります。これはオーケストラの存在が前提となる指揮の特殊性に要因があります。先生とマンツーマンの状態で、オーケストラなしに指揮を振っているだけでは、指揮棒が空気を切る音を立てるだけで、レッスンにはなりません。

 欧米では、指揮のレッスン用のオーケストラがある音楽大学もあります。また、優秀な指揮学生対象の夏の講習会はオーケストラを指揮できることがほとんどで、実際にオーケストラを指揮したい指揮者の卵たちが大勢応募してきます。ただ、指揮学生のためにオーケストラを雇うとなると、大きな費用がかかってくることが難点です。

 仮に、全員が音楽学生のアルバイトだったとして、小さい規模のオーケストラを編成するために40名くらいの奏者を3時間雇うとしても、日本の大学生の平均的なバイトの賃金(約1000円)で計算すると、一回のレッスンのために12万円もかかってしまいます。実際には、学生であっても演奏家は専門職なので、バイト賃金はもっと高くなり、ますますレッスンごとにオーケストラをつくることなど難しくなります。

RANKING

5:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合