NEW

「山口代表はトラブル自体は認識していた」公明党の見解に創価学会員から批判

文=Business Journal編集部
【この記事のキーワード】, , ,
「山口代表はトラブル自体は認識していた」公明党の見解に創価学会員から批判の画像1
公明党参議院、熊野正士氏の公式サイト

 今年7月の選挙で当選した熊野正士参議員院議員(57)=比例代表=が、“知人女性にセクハラ行為をした”との疑惑が週刊誌で報道されている問題で、熊野氏が所属する公明党は8日、公式Twitterアカウント上で「週刊文春」(9月15日号)や「週刊新潮」(同)の報道内容を否定する追加見解を発表した。同党は7日も公式見解を発表している。

 8日の発表では、文春、新潮による”山口那津男代表と北側一雄副代表が熊野氏のセクハラを知りながら、7月の参議院議員選挙に臨んだ”などという趣旨の報道について、「全くの事実無根」「断固抗議する。今後、出版社に対して法的措置をとる」と批判した。

 発表によると、「同記事の中にある熊野議員と当該女性とのLINEのやりとりをはじめとするセクハラ行為について、山口代表、北側代表が参院選前からしっていたかのような記事内容は、まったく事実に反するものであります」とし、被害女性と熊野氏が仕事上でつきあいがあったことなどについて経緯を説明。その上で、以下のように述べている。

「本年4月26日に、熊野議員から当該女性に深夜、電話した件について、北側副代表が熊野議員に確認したところ、飲酒していて発言内容は明確に覚えていなかったものの、深夜に電話したことは認めたため、北側副代表は熊野議員を厳しく叱責しました」

「さらに、北側副代表は当該女性からも、熊野議員から深夜に電話を受けたと聞きましたが、その時の詳しい電話の内容までは聞かされていませんでした」

「また、北側副代表が当該女性に電話をし、山口代表に代わったのは、当該女性から山口代表と話したいと当初から申し出があったためです。山口代表は、熊野議員が当該女性に深夜に電話をし、ご迷惑をかけたことに対しお詫び申し上げたところです。山口代表は、当時、週刊誌報道にあるセクハラの件は全く聞いておりませんでした。なお、記事にある『それが表に出ると議席が・・』との発言をした事実は全くありません」(以上、すべて原文ママ)

RANKING

11:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合