NEW
鬼塚眞子「目を背けてはいけないお金のはなし」

日本生命、社内の風通し&意思疎通を劇的改善 「コミュニケーション4」の全貌

文=鬼塚眞子/ジャーナリスト、一般社団法人介護相続コンシェルジュ協会代表
日本生命、社内の風通し&意思疎通を劇的改善 「コミュニケーション4」の全貌の画像1
日本生命 人材開発部 輝き推進室室長の宇田優香さん

 コロナ禍でリモートワークが導入され、働き方の選択肢が増えました。その一方で、コミュニケーションが希薄になったとの見方もあります。各企業などで努力をしてはいるものの、続かなかったり、うまくいかないケースも珍しくありません。そんななか、日本生命が独自で考案した「コミュニケーション4」がコミュニケーションの構築に大きな効果を上げ、仕事に活かされているというのです。そこで今回は、同社人材開発部 輝き推進室室長の宇田優香さんに話を聞きました(以下、敬称略)。

――実際に「コミュニケーション4」を経験された社員の参加前と参加後の変化はいかがですか。

宇田 ルールや目的を最初に伝えても、社内の誰も経験したことがないことですので、多少の不安はあったかと思います。しかし、開催後は「お互いを深く知ることで、相談しやすい雰囲気や職場一体感が醸成できた」「相手のバックグラウンドや価値観を知ることが、相手への先入観を取り払うことを実感した」などの前向きなコメントが事務局に数多く寄せられています。「コミュニケーション4」を実施したことで、思わぬ発見もあったと聞いています。

 あるチームが趣味や特技について話していた時に、学生時代のクラブ活動などでお互いに対戦経験があったというケースなどです。当人たちの驚きようは格別だったといいます。それ以降は、よりコミュニケーションが取りやすくなったと報告がありました。こういった何気ない会話から得る新たな発見は、非常に大切だと思います。

――それ以外にも、組織の力につながるような効果はありましたか。

宇田 上司(所属長)サイドからは、コロナ禍で減少したコミュニケーションの重要性を再認識して、開催後も日常場面でも声かけを積極的に行うようになったそうです。その後、部下から相談を持ちかけられるようになったり、逆に上司も部下の様子から相談を持ちかけたりというケースが増えたそうです。当社もコロナ禍ではリモート勤務が主流になった時期もあります。やはりリモートでちょっとした相談をしづらいと思う社員も一定数いると思います。そうした壁を取っ払うというのでしょうか、職場全体の雰囲気がコミュニケーション促進を通じた、リーダー(所属長)主導のかっ達な職場風土の醸成にもつながっています。 

――開催後に浮き彫りになった課題はありますか。

宇田 開催後の意識調査は事務局が行っていますが、各所属には年5回以上を推奨しているものの、やはり開催回数にばらつきが発生することです。各所属の課題性に応じ、柔軟にテーマを設定してもらい実施することで、コミュニケーションが円滑になり、業務にいい影響が出たという実例も多々報告されています。回数に比例して、こうした傾向が見られます。これまで実施回数の強制はしていませんが、全社的な均衡を図ることが組織力につながると考えています。職員や所属長や部署としての声を全社的に発信していくことで、コミュニケーションの重要性を伝えていければと考えています。そこで、コミュニケーション促進取り組みの優先順位を上げていく仕組みを推進していく予定です。

日本生命、社内の風通し&意思疎通を劇的改善 「コミュニケーション4」の全貌のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!