NEW

リオンディーズより心配なM.デムーロ騎手……絶不調の「きっかけ」と、やはり『情熱大陸』が!?

 日本ダービー(G1)で後方から最速の上がりタイムを繰り出したが、5着に敗れたリオンディーズ。能力は同レースで勝利したマカヒキや2着サトノダイヤモンドに勝るとも劣らない部分がああるものの、この一族特有の気性の荒さやレース前のテンションの高さなどが仇となっている印象。とはいえまだ3歳春。兄エピファネイアが4歳でジャパンカップを勝ったように、まだまだこれからだ。

 ファンの間で心配されているのは、リオンディーズでなくその鞍上だ。年明けから絶好調だったM.デムーロ騎手が、ここへきて絶不調に陥っているのだ。きっかけは、4月の皐月賞だという声が一般的だ。

 皐月賞、リオンディーズが暴走気味に早め先頭に立ち、直線で力尽きてヨレ、後につけていたエアスピネルとサトノダイヤモンドを妨害して5着降着(4着入線)。デムーロ騎手としても後味の悪いレースになってしまい、2日間騎乗停止も喰らってしまった。

 そこから、先週日本ダービー開催日終了時点で中央レース勝利はわずか3勝。今年通算は61勝でリーディング3位であるものの、かなりの失速といえる。もちろん年間100勝ペースで十分すごいわけで、調子を崩すのはどの騎手にもある。このようなデムーロ騎手を見たことがないから気になってしまう、という部分もあるのだろう。騎乗する馬の質を考えればもっと勝って然るべきという声も多いが……。

 また、近い間にまた危険な騎乗や妨害をすると処分がさらに厳しくなることから「大人しくしている」という話や「ドゥラメンテで再爆発」という、宝塚記念で本命視されるドゥラメンテにすべてを賭けているなんて声も。ただ、一部ではあの呪いの話が……。

「皐月賞当日夜に放送された『情熱大陸』(TBS系)の”呪い”なんてことは言われています。キズナやら福永祐一などなど、ドキュメンタリー番組に出ると悪いことが起こるというジンクスは以前よりあります。何の根拠もありませんが、デムーロに関しても放送前から騒がれてましたから、やっぱりそうなのか? という声もあるんでしょう」(記者)

 様々な話が出ているが、心配しているという部分も大きいだろう。また陽気に力強く勝利を重ねる姿を早く見たいものだ。

リオンディーズより心配なM.デムーロ騎手……絶不調の「きっかけ」と、やはり『情熱大陸』が!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  4. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  10. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール