NEW

リーチザクラウンが天下の社台スタリオンへ「スピード出世」! 産駒大活躍は、オーナーの粘り勝ち!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
r-chizakuraun.jpg
リーチザクラウン(JBISサーチ公式サイトより)

 今年産駒がデビューを迎えた新種牡馬の中で最大のサプライズといえば、間違いなくリーチザクラウンだろう。G1勝利もなく繁殖としての期待は決して大きなものではなかったが、7月31日終了時点の成績が[5-1-1-7]と、高い勝率を誇っている。繁殖牝馬の質を考えればディープインパクトや同じく今年デビューのルーラーシップと比較対象にすらならず、その中でこの成績というのは驚異的と言ってもいい。

 そんなリーチザクラウンが早くも「スピード出世」したことがわかった。4日の時点でリーチザクラウンの1/2の権利を西山牧場から社台スタリオンに売却したと、西山牧場オーナーで同馬の馬主でもあった西山茂行氏がブログにて明らかにした。

 同ブログでは、社台ファームの吉田照哉社長、社台スタリオンの佐藤剛氏、社台グループ東京事務所の平本浩之氏の3名が来社し、10月1日から社台スタリオンで繋養されることで合意したそう。今年の秋より、リーチザクラウンは世界最大級の生産軍団「社台グループ」の種牡馬として新たな馬生を歩むこととなった。

 もともとリーチザクラウンは、父スペシャルウィークの馬主でもあった臼田浩義が所有していたもので、西山氏は2011年から権利を譲渡された形である。引退後は日高のアロースタッドに繋養されていたものの、種牡馬としての期待度は低く、成功の足がかりすらつかめるか怪しいところだった。

リーチザクラウンが天下の社台スタリオンへ「スピード出世」! 産駒大活躍は、オーナーの粘り勝ち!?のページです。GJは、競馬、スペシャルウィークリーチザクラウン社台ファームの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!