NEW

ボートレース熱烈展望~若手美人レーサーに注目!G3オールレディース・ジュエルセブンカップは本日優勝戦!~

【この記事のキーワード】

, ,

kyouteijosei2.jpg

 夏も終わり今日から9月がスタート。しかしそんな日付に関係なく全国の公営競技では熱い戦いが繰り広げられている。現在ボートレース下関で行われている「G3オールレディース ジュエルセブンカップ」は本日が最終日。8月27日から始まった予選上位6名による優勝戦が行われるのだ。

 登録年数16年以内の若手主体で行われるヴィーナスシリーズと異なり、年齢制限のないオールレディースは20歳から55歳まで親子ほどの年齢差がある選手がハンデなくぶつかり合う熱いレースだ。また地元山口県内で宝飾店やブライダル専門店を展開する企業がスポンサーということもあり、優勝者には賞金100万円とダイヤモンドのネックレスが副賞として贈呈される。そのため女性レーサーからも人気の高いレースといわれている。

 本日の優勝戦に出場する6名で競艇ファンから多くの注目を集めているのが地元山口出身の津田裕絵選手だ。6名の中で唯一の20代(29歳)という若さもさることながら、他の5名がA1~2ランクの実力者に対し、津田選手はB1ランクで賞金ランキングも70位と格下の存在。さらに抽選で得たモーターも決していいとはいえないものだが、それでもこの開催では見事なレースを見せて予選で4勝、先日の準優勝戦でも見事に1着となり、本日の優勝戦ではもっとも有利な1番艇となった。この状況に関してある某スポーツ紙記者は

「予選で1位だった谷川が準優勝戦で敗退したため、予選2位だった津田が1枠を獲得するなど運もありますね。問題はベテランで優勝経験豊富な海野ゆかりと寺田千恵に対し、優勝経験のない津田が冷静にレースができるか。特に準優勝戦で海野が見せたレースはまさにベテランの技。津田も課題のスタートは克服したように見えましたから、1枠の利を生かした準優勝戦のようなレースができれば十分にチャンスはあるでしょう。もちろん勝てば地元で初優勝だけに現地は大騒ぎになることは間違いありません」

 と話しており、地元関係者やファンの注目度もさらに高まっているようだ。

ボートレース熱烈展望~若手美人レーサーに注目!G3オールレディース・ジュエルセブンカップは本日優勝戦!~のページです。GJは、競輪・競艇、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事