NEW

凱旋門賞の枠順決定!試練の「14番」となったマカヒキの「光明」は昨年の勝ち馬!? 「凱旋門賞未勝利」のC.ルメールは世界No.1騎手L.デットーリを超えられるか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
makahikiyayoi.jpgマカヒキ(競馬つらつらより)

 30日、凱旋門賞(仏G1)の枠順抽選会が行なわれ、日本のマカヒキは16頭中の「14番」に決定した。

 抽選会後、マカヒキを管理する友道康夫調教師はサンケイスポーツの取材に対して「(枠は)あまり気にしていません。折り合いのつく馬なので、好位の4、5番手にいられればいいですが、後ろになっても直線が長いので問題はありません」と応え、C.ルメール騎手もまた「ゲート番は気にしていませんでした。どこでも大丈夫です」と強気を貫いた。

 だが、「本音」は少し異なるはずだ。

 現在のシャンティイの芝コースは、速い時計の出る日本向きの馬場であることに間違いはないが、同時にあまりにも馬場状態が良いので「前が止まりにくい状況」になっている。実際に前走のニエル賞(仏G2)も落鉄の影響も然ることながら、先団を走っていた格下の馬が推定33秒台の末脚を使ったため、思わぬ苦戦を強いられた。

 さらに凱旋門賞当日には仮柵が移動し、インコースにまったく傷みのない芝による「グリーンベルト」が現れることから、戦前から「インコースの前目で競馬できた馬が圧倒的に有利」といわれているのだ。

 そんな中、16頭中の14番という枠順に陣営が心から満足している可能性は低いと述べざるを得ない。

 だが、事態はすでに世界最高峰の戦いの直前であり、世界中のホースマンが注目するインターナショナルな舞台。相次ぐ有力馬の回避により、マカヒキも2番人気と注目を集めているだけに、ここで覆らない抽選結果を嘆いてもマイナスでしかないというわけだ。

凱旋門賞の枠順決定!試練の「14番」となったマカヒキの「光明」は昨年の勝ち馬!? 「凱旋門賞未勝利」のC.ルメールは世界No.1騎手L.デットーリを超えられるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!