NEW

来年クラシックの大本命トゥザクラウンのデビュー時期が決定!世界最高峰のノーザンファームの『横綱』と評された大器がついに始動を迎える!

touzaguro-ri-.jpgトゥザグローリー(JBISサーチ公式サイトより)

 明日の凱旋門賞(仏G1)に日本を代表して挑むマカヒキ、ローズS(G2)を快勝し盤石の形で秋華賞の大本命となるシンハライト、神戸新聞杯(G2)を勝ってラスト一冠にすべてをかけるサトノダイヤモンド。

 この秋の競馬を牽引している3歳馬だけを見ても、近代競馬においてノーザンファームが如何にずば抜けた育成技術を持っているのかがうかがい知れる。いや、技術だけでなく、ノーザンファームで馴致されるということは、世界最高峰の環境に囲まれて幼少期を過ごすということだ。成功者には「成功するだけの根拠」がそろっている。

 先週の新馬戦で、来年のクラシック候補の呼び名が高かったエアウィンザーの出鼻を挫いたムーヴザワールドも、やはりノーザンファームの生産馬であるように、今年の2歳世代もこの日本一の生産牧場がリードしていくことに間違いないだろう。

 そして、そのノーザンファームから今月、ついに「真打ち」が登場する。

 今や「ここで中心になることは、すなわち同世代で中心となること」と述べても過言ではないほど、毎年のように絢爛豪華な超良血馬が集うノーザンファーム。そんなエリート集団の中で、常にひと際目立った存在だったのが、『横綱』と称されたトゥザクラウン(牡2歳、栗東・池江厩舎)だ。

来年クラシックの大本命トゥザクラウンのデビュー時期が決定!世界最高峰のノーザンファームの『横綱』と評された大器がついに始動を迎える!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】エピファネイア産駒の素質馬2頭が激突!ソネットフレーズは名牝“シンコウラブリイ級”素質あり?
  9. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  10. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技