NEW

【徹底考察】エリザベス女王杯(G1) ミッキークイーン「最大のライバル・マリアライトとは、かつてのメジロドーベルとエアグルーヴの関係性?」

mikki-.jpgミッキークイーン(競馬つらつらより)

『考察』

 ここまで10戦して9連対と、圧倒的な安定感を誇るミッキークイーンが秋初戦に挑む。

 昨年はオークス(G1)と秋華賞(G1)を制して、牝馬2冠を達成。桜花賞(G1)当日の忘れな草賞(OP)を完勝しており、桜花賞の出走が叶っていれば牝馬3冠もあり得たという声も聞かれる。

 唯一大きく敗れたのが昨年のジャパンC(G1)の8着。無論、メンバーが強かったという側面もあるが、この馬自身-6kgとやや細くみられた。それでも勝ち馬から0.3秒差、着順ほど悲観する内容ではない。

 以上からも、牝馬限定戦となるこのエリザベス女王杯では当然上位の存在。間違いなくマリアライトと人気を二分することになる。だが、こちらにも不安点がないわけではない。

 それは今回が約半年ぶりのぶっつけになったことにも起因するが、秋初戦の京都大賞典(G2)を捻挫で使えなかったことだ。

 秋初戦を使えずにぶっつけ本番になるという意味では、天皇賞・秋(G1)で2着したリアルスティールが該当するが、この馬との意味合いは大きく異なる。

 単純にリアルスティールの場合は調整が遅れていたために回避したもので、休みなく調整が続けられていた。しかし、捻挫のために回避したミッキークイーンの場合は、一度調整を止めて再度立て直している。ただし幸い、毎日王冠(G2)から天皇賞・秋は中2週だが、京都大賞典からエリザベス女王杯は中4週あるのでまだ余裕がある。

 陣営もスポニチの取材に「元々、叩いて良くなるタイプだし休んでいた分、落ち着いているというか、まだモッサリしている感じはしますね」と影響があったことを認めている。さらには「今、体は450kg」と前走のヴィクトリアマイルの432㎏よりも大きく増えていることにもコメント。

【徹底考察】エリザベス女王杯(G1) ミッキークイーン「最大のライバル・マリアライトとは、かつてのメジロドーベルとエアグルーヴの関係性?」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  3. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  9. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は
  10. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦