NEW

「アノ機種」が天下を取る日が再び!? 現役関係者がパチンコ業界の展望を語る上で「重要なポイント」を告白!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pachinkoten.jpg

『GANTZ』や『テラフォーマーズ』といった大人気漫画とのタイアップ機や、『花の慶次』や『牙狼』といったビックネームの新台が登場予定となっているパチンコ業界。

 何れも導入前より雑誌などで取り上げられている話題作だが、不安視されているのは「強烈な爆発力の欠落」による影響だ。先述した新台の全ては、これまでの主流であったMAX機ではない。

 大当たり確率の下限を1/320までとし、確率変動継続率の上限を65%とする「射幸性の抑制」を目的とした規制が生まれた事で、これまで(旧MAX機)のような出玉スピード・量を失う事は必然だ。

 以前、某パチンコ店店長が「単純に出玉性能の問題は大きい」と語っていたように、出玉の瞬発力が失われる事に「物足りなさ」を感じる人間が生まれる可能性は否定できないだろう。

 そのような不安要素を抱えつつも、新基準機への入れ替えは本格化していく訳だが……そんな時代(旧MAX機が存在しない状況)だからこそ「ミドルスペックをメインにしてきた機種」が改めて評価される可能性もあるのではないか。

「アノ機種」が天下を取る日が再び!? 現役関係者がパチンコ業界の展望を語る上で「重要なポイント」を告白!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!