NEW

ジャパンC(G1)出走予定メンバーが「豪華過ぎる」と早くも話題!大注目の世界No.1騎手R.ムーアが騎乗するのは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
oosakahai0328.jpg2015ジャパンC(競馬つらつらより)

 27日に控えるジャパンC(G1)の出走予定メンバーが「豪華過ぎる」と話題になっている。

 当初は今年の天皇賞・春(G1)を勝ったキタサンブラック(牡4歳、栗東・清水久詞厩舎)と、昨年の有馬記念(G1)を勝ったゴールドアクター(牡5歳、美浦・中川公成厩舎)との一騎打ちの様相を呈していた。

 この秋もキタサンブラックが京都大賞典(G2)を勝ち、ゴールドアクターがオールカマー(G2)を勝利と、お互いが順調なスタートを切っただけに、この”頂上決戦”を見るだけでも価値があった。

 だが、その一方で両頭は昨年の有馬記念の1着馬と3着馬。それだけに「今年のジャパンCは、有馬記念の前哨戦になるかも」という見向きもあった。

 ところが、先週辺りから様相が一変したようだ。

 今やG1ホースへの登竜門となりつつあるアルゼンチン共和国杯(G2)をシュヴァルグラン(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)が強い競馬で快勝。ジャパンC制覇に大きく名乗りを挙げると、天皇賞・秋(G1)で2着したリアルスティール(牡4歳、栗東・矢作芳人)や、3番人気ながら7着に敗れたルージュバック(牝4歳、美浦・大竹正博厩舎)も参戦を表明。

 そこに、今年の皐月賞馬ディーマジェスティ(牡3歳、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)と秋華賞(G1)を1番人気で敗れたビッシュ(牝3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)、さらには菊花賞(G1)の2着馬レインボーライン(牡3歳、栗東・浅見秀一厩舎)が参戦することとなり、一気に豪華メンバーによる大混戦となった。

ジャパンC(G1)出走予定メンバーが「豪華過ぎる」と早くも話題!大注目の世界No.1騎手R.ムーアが騎乗するのは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!