NEW

『M-1』最終決戦進出の和牛のコントに武豊騎手登場!? 普段では絶対にあり得ない「ボロカス扱い」を受ける競馬界のカリスマに爆笑の渦?

【この記事のキーワード】, ,
0914takeyutaka_top.jpg

 漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2016』(ABC・テレビ朝日系)で敗者復活から最終決戦進出を果たし、一躍脚光を浴びている人気お笑いコンビ「和牛」。その持ちネタの中で、競馬界のカリスマ・武豊騎手が登場するコントがあるとちょっとした話題になっている。

 M-1では最終決戦に進出した際、審査員を務めた松本人志から同じく最終決戦に進んだ銀シャリと併せて「和牛と銀シャリで最高やね」と”牛丼”扱いされながらも「優秀ですね。他にもネタを見ているけど、全部面白い」と絶賛された和牛。残念ながら、優勝とはならなかったが、6位だった昨年から準優勝と大きな飛躍を果たした。

 そんな彼らの持ちネタの中で『上方漫才トラディショナル』(MBS)などで披露された「シンデレラ」を題材とするコントで、武豊騎手が登場するというのだ。

 武豊騎手となると、やはり「馬」。シンデレラといえば誰もが知る有名な童話だが、馬が登場するシーンは、ひとり家に残されたシンデレラの前に魔法使いが現れて、お城へ向かうためにドレスやかぼちゃの馬車を用意するところだ。

 かぼちゃの馬車を引くための馬が2頭登場するのだが、ボケ担当の水田信二が扮する魔法使いが召喚したのは、なんと平成のアイドルホース・オグリキャップと三冠馬のナリタブライアン。何故、このご時世ディープインパクトではないのかと競馬ファンの間では議論が起こりそうなものだが、なんにせよそのついでの”サービス”で召喚されたのが武豊騎手である。一応断っておくが、あくまでコントの中での話だ。

『M-1』最終決戦進出の和牛のコントに武豊騎手登場!? 普段では絶対にあり得ない「ボロカス扱い」を受ける競馬界のカリスマに爆笑の渦?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか