NEW

【WASJ2017出場騎手】大物外国人騎手はJ.モレイラだけじゃない!? 「フランケル主戦」に「ゴドルフィン専属」……久々に見せたJRAの”本気”に驚愕

【この記事のキーワード】, ,
【WASJ2017出場騎手】大物外国人騎手はJ.モレイラだけじゃない!? 「フランケル主戦」に「ゴドルフィン専属」......久々に見せたJRAの本気に驚愕の画像1

 ついに来週末8月26、27日に迫った今年のワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)。今年も開催地となる札幌に世界各国から超一流の騎手が集った。

 一昨年はWAS選抜チームで香港のJ.モレイラ騎手が、そして昨年はJRA選抜チームのM.デムーロ騎手が優勝しているWASJ。開幕まで1週間を切った今回は、出場14名の騎手の内、あまり日本の競馬ファンの面識がない「WAS選抜チーム」を中心に紹介したと思う。

「JRA選抜チーム」

◆戸崎圭太騎手(関東)37歳 2016年度「MVJ」受賞者(勝利度数関東1位)
◆内田博幸騎手(関東)47歳 勝利度数関東2位
◆田辺裕信騎手(関東)33歳 勝利度数関東3位

◆C.ルメール騎手(関西)38歳 2017年日本ダービー優勝騎手(勝利度数関西2位)
◆M.デムーロ騎手(関西)38歳 勝利度数関西1位
◆武豊騎手(関西)48歳 前人未到のJRA通算3900勝達成(特別推薦枠)
◆福永祐一騎手(関西)40歳 JRA通算2000勝達成(勝利度数関西3位)

「WAS選抜チーム(外国騎手・地方競馬代表騎手)」

◆アントニー・クラストゥス騎手(フランス)32歳
主な勝ち鞍:独1000ギニー(独G2)、フェアリーS(日G3)、ダイヤモンドS(日G3)ほか

フランスで2001年に騎手免許を取得したが、初勝利までに3年を要した苦労人。しかし、その後順調に勝ち星を伸ばし、3年連続トップ10に入るなどフランスで確固たる地位を築いた。日本では2009年から3年連続で短期免許を取得。他にもヨーロッパ各国はもちろん、インドや香港、昨年はアメリカでシーズンを送った。特に日本の環境にも慣れた2011年にはわずか2カ月でフェアリーSとダイヤモンドSを制しており、その腕前は多くの日本人関係者が認めている。

◆ユーリコ・ダシルヴァ騎手(カナダ)42歳
主な勝ち鞍:ノーザンダンサーターフS(加G1)、ウッドバインオークスほか

カナダのNo.1騎手。出身はブラジルだが、2004年からカナダで騎乗している。2010年には年間190勝を上げて初のリーディングを獲得すると、2015年、16年はリーディングを連覇して「カナダNo.1騎手」の座を不動のものにしている。日本の競馬ファンにはあまり馴染みがないが、実は2014年のジャパンC(G1)に参戦している。エピファネイアが勝ったレースにアップウィズザバーズで挑み16着だった。今回はそれ以来の来日となるようだ。

【WASJ2017出場騎手】大物外国人騎手はJ.モレイラだけじゃない!? 「フランケル主戦」に「ゴドルフィン専属」……久々に見せたJRAの”本気”に驚愕のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
2ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
3武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
4JRA 池添謙一「世知辛い時代」自身も経験した悪夢、セリフォス降板を告げられた後輩に「もっともっと上手くなろう。頑張ろう」
5ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
6「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
7ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
8秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたち
9「永遠のライバル」が来年度「種付け料」で明暗!? 800万大幅増エピファネイアに対し、キズナ僅か200万増……。その陰に「アノ馬」の存在?
10年内引退報道「一斉削除」にファンも混乱!? ジャパンC(G1)で「キセキの復活」はあるか?